スマホのウェブブラウザの注意点をまとめてみた

NO IMAGE

ウェブブラウザのiOS・Androidアプリの注意点

iOSとAndroidのウェブブラウザを利用したアプリ。
その中でもウェブカメラ機能を利用したものを作成する必要があったため注意点をまとめます。

Advertisement

iOS・Android 共通の注意点

  • httpsが必須
  • メモリリークに注意
  • 別サイトへのページ遷移はなし

一つずつ確認していきましょう。

httpsが必須
ウェブブラウザから端末の機能を使用するのでhttpsが必要なのは仕方ないですね。
今回は[Let’s Encrypt]の無料SSLを利用します。

メモリリークに注意
ブラウザアプリは、端末のバグなのか仕様なのかメモリリークが起きやすいです。
ウェブブラウザを立ち上げている間にメモリリークが発生するみたいなので改善策を模索中です。
原因と改善策があれば別の記事にしています。

別サイトへのページ遷移はなし
アプリとしてリリースする以上、別サイトに遷移させてしまうと単なるウェブブラウザになるので注意します。

iOS の注意点

  • iOS11以上が必須
  • 端末の機能を1度拒否するとアプリから対応できない

iOS11以上が必須
ブラウザからのカメラの起動はiOS11から利用可能になったようです。
iOS11のシェアは約86%・・・普及を待つしかないですね。

引用元:スマタブinfo様

端末の機能を1度拒否するとアプリから対応できない
ウェブアプリ上で端末の機能を一旦拒否されるとアプリ上では対応できなくなります。
注意事項を表示するしか対応策が思いつかないです。。。

Android の注意点

  • 無し

Androidは共通の注意点以外で気にする内容は見当たりませんでした。
ウェブブラウザからのカメラの起動は、Android3から実装済みです。巷のアプリがほとんどAndroid4もしくはAndroid5以上からの対応なので問題ないですね。

Advertisement

アプリ開発カテゴリの最新記事