.htaccessでwwwあり・なしを統一(リダイレクト)する

.htaccessでwwwあり・なしを統一(リダイレクト)する

redirect_www_top

サイト(ブログ)のドメインをwwwあり、なしで統一する

レンタルサーバーなどでドメインを設定すると、ほとんどの場合はドメインのURLは「wwwあり」と「wwwなし」が同時に設定されてます。ただSEOの観点から考えると「wwwあり」と「wwwなし」は別ドメインとして認識されますため、どちらかに統一することが求められます。

そこで今回は .htaccess にて「wwwあり」、「wwwなし」の統一方法をご紹介します。

Advertisement

wwwあり、なしの統一方法

.htaccess に下記のサンプルのように www あり、なしを統一するための記述を追記します。
サンプルは例示用としてドメイン「example.com」にカスタマイズしていますので、ご自身のドメイン名に変更して動作確認を行ってください。

www ありに統一するサンプル(example.comの場合)

www なしに統一するサンプル(example.comの場合)

ドメイン名をご自身用のドメインに変更した後に、[R,L] を [R=301,L] に変更して下さい。

 

関連する記事
htaccessでhttpへのアクセスをhttpsにリダイレクトする
https://www.t3a.jp/blog/web-develop/http-to-https/

 

さいごに

ドメイン名のwwwあり、なしの統一は、SEO 対策としては必ず行っておく必要があります。

レンタルサーバーにてドメインを設定したときは、多くの場合でwwwあり、なしが両方とも自動的に設定されます。ちなみに一部のレンタルサーバーでは、管理画面にて wwwあり、なしを設定できるものもありますので、.htaccess への記述は難しい!という方は、管理画面を事前に確認してみると良いかもしれませんね。

Advertisement

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

web開発カテゴリの最新記事