excel

1/7ページ

[IF関数]条件によって参照する値を変更する – Excelの使い方

「=IF(条件式,真の場合の値,偽の場合の値)」で返り値を変更する Excel(エクセル)では、IF 関数で条件式により処理を変更する「もし条件を満たせば〇〇とする。それ以外は××とする」を実現することができます。 IF =IF(条件式,TRUE(真)時の値,FALSE(偽)時の値) IF関数の使い方 条件式が TRUE(真) のときは TRUE(真) の値を返し、FALSE(偽) のときは FA […]

[TYPE関数]データの種類を調べる – Excelの使い方

「=TYPE(文字列)」でデータタイプを返す Excel(エクセル)では、TYPE 関数で指定した値のデータタイプ(数値,文字列など)を確認することができます。 TYPE =TYPE(文字列) TYPE関数の使い方 TYPE 関数で数値や文字列、論理値(TRUE/FALSE)のどれであるかを調べます。 データの種類 返り値 数値 1 テキスト 2 論理値(TRUE/FALSE) 4 エラー 16 […]

[INFO関数]操作環境の情報を調べる – Excelの使い方

「=INFO(文字列)」で操作環境の情報を返す Excel(エクセル)では、INFO 関数で現在操作しているエクセルの各システム情報を確認することができます。 (例) カレントパスを確認したいときは ・「=INFO("directory")」 と記述します。 INFO =INFO(文字列) INFO関数の使い方 INFO 関数は引数に所定の文字列を設定することで環境の情報を調べ […]

[MINUTE関数]時刻から「分」を取得する – Excelの使い方

「=MINUTE(シリアル値)」で「分」を取得する Excel(エクセル)では、指定された時刻(シリアル値)から対応する「分」に該当する数値を返します。 (例) 日付の「分」を取得したいときセルに ・「=MINUTE(シリアル値)」 と記述します。 MINUTE =MINUTE(シリアル値) MINUTE関数の使い方 時刻(シリアル値)から「分」に該当する数値を取得します。 シリアル値は24時を「 […]

[ISNA関数]対象が「#N/A」であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISNA(参照)」で参照先が「#N/A」であるかを返す Excel(エクセル)では、テスト対象がエラー値の「#N/A(使用する値が無い)」であるかを確認することができます。 (例) セルA1がエラー値の「#N/A」であるかを確認したいときは ・「=ISNA(A1)」 と記述します。 ISNA =ISNA(参照) ISNA関数の使い方 ISNA 関数は対象がエラー値の「#N/A(使用する値が無い […]

[ISNONTEXT関数]対象が文字列以外であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISNONTEXT(参照)」で参照先が文字列以外であるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISNONTEXT(参照)」で設定した参照先が文字列でない項目を参照しているかを確認することができます。 (例) セルA1が文字列でないかを確認したいときは ・「=ISNONTEXT(A1)」 と記述します。 ISNONTEXT =ISNONTEXT(参照) ISNONTEXT関数の使い方 ISNO […]

[ISTEXT関数]対象が文字列であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISTEXT(参照)」で参照先が文字列であるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISTEXT(参照)」で設定した参照先が文字列であるかを確認することができます。 (例) セルA1が文字列であるかを確認したいときは ・「=ISTEXT(A1)」 と記述します。 ISTEXT =ISTEXT(参照) ISTEXT関数の使い方 ISTEXT 関数は参照先が文字列であるかを調べます。 つまり I […]

[ISNUMBER関数]対象が数値であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISNUMBER(参照)」で参照先が数値であるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISNUMBER(参照)」で設定した参照先が数値であるかを確認することができます。 (例) セルA1が数値であるかを確認したいときは ・「=ISNUMBER(A1)」 と記述します。 ISNUMBER =ISNUMBER(参照) ISNUMBER関数の使い方 ISNUMBER 関数は参照先が数値であるかを調 […]

[ISERROR関数]対象がエラー値であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISERROR(参照)」で参照先がエラーであるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISERROR(参照)」で設定した参照先がエラーであるかを確認することができます。 (例) セルA1がエラーであるかを確認したいときは ・「=ISERROR(A1)」 と記述します。 ISERROR =ISERROR(参照) ISERROR関数の使い方 ISERROR 関数は参照先がエラー値(#DIV/0! […]

[ISBLANK関数]対象が空白セルであるかを調べる – Excelの使い方

「=ISBLANK(参照)」で参照先が空白のセルであるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISBLANK(参照)」で設定した参照先が空白のセルであるかを確認することができます。 (例) セルA1が空白セルであるかを確認したいときは ・「=ISBLANK(A1)」 と記述します。 ISBLANK =ISBLANK(参照) ISBLANK関数の使い方 ISBLANK 関数は参照先が空白のセルであ […]

1 7