officeアプリ

1/5ページ

[NOT関数]ある値と等しくないことを確認する – Excelの使い方

「=NOT(論理式)」で条件式を満たしていないことを調べる Excel(エクセル)では、「=NOT(論理式)」で論理式の条件を満たしていないことを確認します。 (例) セルA1の値が1でないことを確認したいときセルに ・「=NOT(A1=1)」 と記述します。 NOT =NOT(論理式) NOT関数の使い方 NOT 関数は条件式が正しくないことを確認する関数です。 つまり条件式が正しい(TRUEを […]

[SMALL関数]小さい方から指定した順番の値を求める – Excelの使い方

「=SMALL(配列,順番)」で配列の小さい方から指定した順番の値を取得する Excel(エクセル)では、「=SMALL(配列,順番)」でデータの小さい順に並び変えた上で指定した順位にある数値を返します。 (例) 配列から2番目に小さい数値を取得したいときセルに ・「=SMALL(配列,2)」 と記述します。 SMALL =SMALL(配列,順番) SMALL関数の使い方 セルA1からF1に配列の […]

[LARGE関数]大きい方から指定した順番の値を求める – Excelの使い方

「=LARGE(配列,順番)」で配列の大きい方から指定した順番の値を取得する Excel(エクセル)では、「=LARGE(配列,順番)」でデータの大きい順に並び変えた上で指定した順位にある数値を返します。 (例) 配列から2番目に大きい数値を取得したいときセルに ・「=LARGE(配列,2)」 と記述します。 LARGE =LARGE(配列,順番) LARGE関数の使い方 セルA1からF1に配列の […]

[FALSE関数]条件式の値が偽であることを表す – Excelの使い方

「=FALSE()」で論理値の真を表す Excel(エクセル)では、「=FALSE()」で論理式の FALSE 値を返します。セルや数式の条件式で偽を表すときに使用します。 FALSE =FALSE() ※FALSE関数関数には引数はありません FALSE関数の使い方 エクセルにて条件によって、FALSE値を返すことができます。 =IF(A1=1,TRUE(),FALSE()) 上記の式はセルA1 […]

[TRUE関数]条件式の値が真であることを表す – Excelの使い方

「=TRUE()」で論理値の真を表す Excel(エクセル)では、「=TRUE()」で論理式の TRUE 値を返します。セルや数式の条件式で真を表すときに使用します。 TRUE =TRUE() ※TRUE関数関数には引数はありません TRUE関数の使い方 エクセルにて条件によって、TRUE値を返すことができます。 =IF(A1=1,TRUE(),FALSE()) 上記の式はセルA1の値が1のとき、 […]

[COLUMNS関数]指定した配列の列数を求める – Excelの使い方

「=COLUMNS(配列)」で指定した配列の列数を取得する Excel(エクセル)では、「=COLUMNS(配列)」で配列またはセル参照の列数を返します。 列数とはExcel(エクセル)にて、「ABC…」と書かれているセルの縦ラインの数のことです。 (例) 列数を取得したいときセルに ・「=COLUMNS(配列)」 と記述します。 COLUMNS =COLUMNS(配列) COLUMN […]

[TRIM関数]文字列の余分な空白を削除する – Excelの使い方

「=TRIM(文字列)」で余計な空白を削除する Excel(エクセル)では、「=TRIM(文字列)」で余計な空白を削除した文字列を返します。 (例) 空白を削除した文字列を取得したいときセルに ・「=TRIM(” あいうえお “)」 と記述します。 TRIM =TRIM(文字列) TRIM関数の使い方 セルA1に文字列から余分な空白を削除するときは「=TRIM(文字列)」の […]

[LEN(LENB)関数]で文字列の文字(バイト)数を求める – Excelの使い方

「=LEN(文字列)」で文字列の文字数を取得する Excel(エクセル)では、「=LEN(文字列)」で文字列の文字数を返します。または「=LENB(文字列)」で、文字列のバイト数を返します。 LEN関数は、全角文字・半角文字を区別せずに1文字とカウントします。 LENB関数は、全角文字は2バイト・半角文字は1バイトとカウントします。 (例) 文字列の文字数を取得したいときセルに ・「=LEN(文字 […]

[PI関数]円周率πの近似値の数値を求める – Excelの使い方

「=PI()」で円周率πの近似値を取得する Excel(エクセル)では、「=PI()」で円周率πの近似値「3.14159265358979」の15桁の精度の数値を返します。 (例) 円周率を取得したいときセルに ・「=PI()」 と記述します。 PI =PI() PI関数の使い方 セルA1に円周率πを表示したいときは「=PI()」のように指定します。 PI関数は主に三角関数である SIN, COS […]

[EDATE関数]数カ月前・数か月後の日付を求める – Excelの使い方

「=EDATE(基準日,月)」で数カ月前や数か月後の日付を取得する Excel(エクセル)では、「=EDATE(基準日[シリアル値または文字列],月)」で、[基準日]に対して指定した[月]の数だけ経過した日付を返します。 (例) 基準日から3か月後の日時を取得したいときセルに ・「=EDATE(基準日[シリアル値または文字列],3)」 と記述します。 EDATE =EDATE(基準日[シリアル値ま […]

1 5