[ISNONTEXT関数]対象が文字列以外であるかを調べる – Excelの使い方

[ISNONTEXT関数]対象が文字列以外であるかを調べる – Excelの使い方

excel_top

「=ISNONTEXT(参照)」で参照先が文字列以外であるかを返す

Excel(エクセル)では、「=ISNONTEXT(参照)」で設定した参照先が文字列でない項目を参照しているかを確認することができます。

(例)
セルA1が文字列でないかを確認したいときは
・「=ISNONTEXT(A1)」
と記述します。

Advertisement

ISNONTEXT

=ISNONTEXT(参照)

ISNONTEXT関数の使い方

ISNONTEXT 関数は参照先が文字列以外を参照しているか調べます。

つまり ISNONTEXT 関数に対して数値や空白セルの参照など、文字列以外の値を参照するとき TRUE(真) を返します。逆に文字の長さに関わらず、「””」といった空白文字も含めて、二重引用符で文字列を設定したときは全て FALSE(偽) を返します。

 

ISNONTEXT関数の実行サンプル

ISNONTEXT関数を使って数字や空白セルの参照、文字列を設定したときのサンプルを表示しています。
※動作検証にはoffice365を使用しています
excel_isnontext1

Advertisement

officeアプリカテゴリの最新記事