TEAM T3A

本サイトはウェブ開発やアプリ開発を行うTEAM T3Aのオフィシャルページです。
作成したツールや開発中に気付いた点、おすすめサイトやパソコンの選び方など、ITに関する幅広い情報をブログとして公開しています。

ツール

人気記事

  1. 添付ファイルの送付に注意!携帯電話が受信できるメールのサイズ

    添付ファイルの送付に注意!携帯電話が受信できるメールのサイズ
    携帯電話が受信できる添付ファイルのサイズの制限 携帯電話を使って、資料や写真の送受信をすることは良くありますよね。 ある日、ふと新人の子から送られたメールを確認しようとしたところ、添付ファイルが350MBもあり受信もできないし閲...

  2. [AWS]新設サーバーはAmazon Linux,CentOS,Ubuntuのどれが良いか考える

    [AWS]新設サーバーはAmazon Linux,CentOS,Ubuntuのどれが良いか考える
    AWS で作成するサーバーの OS のおすすめは? AWS 環境の EC2 では新規のサーバーの OS としてたくさんのソフトウェアが選択できます。 Windows サーバーでは「Windows Server 2019」と「Wi...

  3. Ubuntuで文字化けしたときの対処法

    Ubuntuで文字化けしたときの対処法
    Ubuntuは、Canonical Group, Ltd.の登録商標です。 日本語の文字コードを設定する 開発を行っているとUbuntuで文字化けに遭遇することがあります。 文字の化け方もダイヤや四角と文字ではない記号に置き換...

  4. [Linux]タイムゾーン(Timezone)をUTCから日本標準時(JST)に変更する

    [Linux]タイムゾーン(Timezone)をUTCから日本標準時(JST)に変更する
    タイムゾーン(Timezone)の初期設定は世界標準時(UTC) サーバーに OS をインストールした直後は、基本としてタイムゾーンに世界標準時間(UTC)が設定されています。そのため日本向けにサービスを行うときは、日本標準時(JST...

  5. [AWS]最善のリージョンはこれだ!サービスの設置先を考える

    [AWS]最善のリージョンはこれだ!サービスの設置先を考える
    リージョンの違いを知って最善のリージョンを選択しよう みなさんは AWS にサービスを設置するときにどこにあるリージョンを選択していますか? とりあえず日本向けのサービスだから東京リージョンを選択しておこう位の気持ちで選択してい...

  6. [AWS]LambdaでEC2の自動起動・停止を実装する

    [AWS]LambdaでEC2の自動起動・停止を実装する
    EC2の自動起動と自動停止 今回はサーバーレス(Lambda)で時間をトリガーとしたEC2の自動起動と自動停止を行う方法を紹介します。 想定されるシチュエーション EC2の自動起動・停止が使われると思われる状況は、 ...

  7. [AWS]RDSにて外部サーバーからの接続を許可する

    [AWS]RDSにて外部サーバーからの接続を許可する
    RDSで外部サーバーからのアクセス許可する方法 みなさんはRDSを使用していますか? EC2でウェブサーバーを運用している方ならRDSを利用している人も多いでしょう。通常ではRDSに外部接続させるのはセキュリティ上おススメできません...

  8. [Android]targetSdkVersionのAPIレベル28に変更する

    [Android]targetSdkVersionのAPIレベル28に変更する
    Android Robotは、Googleが作成および提供した作品であり、Creative Commons 3.0 Attribution ライセンスに記載された条件に従って使用しています。 Android 9(Pie)にアプリを対応...

  9. [MySQL]文字コードの設定を変更してutf8で統一する

    [MySQL]文字コードの設定を変更してutf8で統一する
    MySQL の文字コードの調整 最近AWSやAzureなどのクラウドサービスが普及しています。その中で久しぶりにウェブサーバー内にデータベースをインストールして、直接 MySQL の設定ファイルにて文字コードを調整したので手順を記載し...

  10. [AWS]Route53を使用してELBにドメインを設定する

    [AWS]Route53を使用してELBにドメインを設定する
    Route53にてドメインを設定する AWSにはドメインを管理するためのサービスとして、Route53があります。通常はドメイン管理会社の提供するドメインを管理する無料の機能があるので、わざわざ有料のRoute53を利用する必要はあり...