メールを送信すると「554 5.7.1 Recipient address rejected: Access denied」エラーが返ってくる原因

メールを送信すると「554 5.7.1 Recipient address rejected: Access denied」エラーが返ってくる原因

mail_access_denied_554_top

「MAILER-DAEMON」から「554 5.7.1 Recipient address rejected」のエラーメールが返信される

ある日メールアドレスの設定を行い、新しく作成したメールアドレスでメールの送受信を確認していました。すると新しく作成したメールアドレス宛にメールを送った際に「Recipient address rejected: Access denied」のエラーメールが「MAILER-DAEMON」より返信されました。

私の場合は元レンタルサーバー会社に勤務していたこともあり、すぐに問題は解消しましたが、折角なので「554 5.7.1 Recipient address rejected: Access denied」のエラーメールが発生する原因と対処法をまとめていきます。

Advertisement

「554 5.7.1 Recipient address rejected」の原因と対処法

mail_access_denied_554_1

Mail Delivery Subsystem

メールの配信エラー
メールを support@example.com に配信できませんでした。リモート サーバーが正しく設定されていません。詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。
リモート サーバーからの応答:
554 5.7.1 : Recipient address rejected: Access denied

実際に gmail にて送信したメール宛に届いたエラーメッセージですが、「554 5.7.1 Recipient address rejected: Access denied」の原因は主に4つあります。

ではそれぞれ順番に見ていきます。

原因その1:セキュリティソフトの設定で拒否されている
一番よくある原因としては、メールを送信するパソコンにインストールされているセキュリティソフトの設定です。セキュリティソフトにてメールの送信自体、または該当のドメイン宛のメール送信を禁止されている場合にこのエラーが発生します。対処法はもちろんセキュリティソフトの設定を調整する!という方法になります。

 

原因その2:添付するファイルのサイズが大きすぎる
メールに添付するデータのサイズが大きすぎるときにも同様のエラーが発生します。もし添付ファイルを小さくする、または添付ファイルなしでメールが送信できる場合は、ファイル転送サービスなどを利用してメールに添付ファイルを付与しない対応をしましょう。

 

原因その3:該当のサーバーやドメインからのメールを拒否している
送信サーバーが以前に大量の迷惑メールを送信したため、受信側のサーバーからメールの受け取りを拒否されている場合です。ちなみに送信するメールアドレスが共用のレンタルサーバーで管理されている際に時折見かけます。

対応策は受信先のメールサーバーを管理されている方に、ドメイン「〇〇」から送信するメールを許可してください!とお願いするしか方法は無いです(汗)。

 

原因その4:メールアドレスが存在しない
メールアドレスが存在しないメールアドレスに送信したときも稀に554エラーが発生します。ちなみに私が遭遇した問題はコレが原因でした(笑)。

ちなみにメールアドレスが存在しない場合は通常、

550 5.1.1 : Recipient address rejected: User unknown

のエラーが発生します。

ちなみにどういう条件下のメールアドレスがない場合に発生するかというと、移転前のレンタルサーバー等からメールを送信した場合です。

具体例として今回、私の体験した内容で説明します。私はさくらインターネットでメールアドレスを新しく作成して、gmailとメールの送受信を行いました。すると新しいメールアドレスから gmail へのメールは届くものの、 gmail から新しいメールに返送すると「554 5.7.1 Recipient address rejected」のエラーメールが返信される羽目に(冷や汗)。ドメインの設定等を確認したところ、該当のドメインはエックスサーバーで管理されていた…という状況です。

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事