[Ubuntu]Let’s Encrypt に登録しているメールアドレスを変更する方法

[Ubuntu]Let’s Encrypt に登録しているメールアドレスを変更する方法

ssl_security_top

無料SSL(Let’s Encrypt)にて既存のメールアドレスを変更する

Ubuntu サーバーにインストールした Let’s Encrypt のメールアドレスの変更を行いたかったので、コマンドを確認しました。せっかくなので備忘録として載せておきます。

Advertisement

メールアドレスを変更するコマンド

まずはコマンドを紹介。

sudo certbot update_account --email (メールアドレス)

certbot のアカウント情報の更新コマンドにて、メールアドレスのオプションを設定して実行します。

 

〇コマンドの実行履歴

コマンドを実行した後に登録したメールアドレス宛に「ニュースやキャンペーンの情報を送っても良いか?」と聞かれます。既にキャンペーン等の情報が送られてきているメールアドレスなので、今回は「(N)o」を選択しています。

ちなみに「(N)o」を選択しても生成した SSL が失効しそうなとき、暗号形式が変わるときなど、重要な情報は送られてくるので問題なし。

 

登録済みのメールアドレスを確認する方法

登録中のメールアドレスを確認するコマンドはなく、設定情報を直接チェックする必要があります。

〇コマンド

sudo cat /etc/letsencrypt/accounts/acme-v02.api.letsencrypt.org/directory/(hash値)/regr.json

json ファイルで閲覧用のファイルでは無いので、登録済みのメールアドレスを確認するのはかなり面倒。登録中のメールアドレスが合っているか迷った場合は、有無を言わさずにメールアドレスを再設定するコマンドを実行した方が簡単で良い気がします(汗)。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

インフラカテゴリの最新記事