Postfixにて送信時にbccでメールを転送する

Postfixにて送信時にbccでメールを転送する

Postfixのbccによる転送設定

みなさんは社用メールの管理を行っていますか?
今回はpostfixでメールのバックアップを残す方法を調査しましたのでご紹介します。

Advertisement

always_bccによる転送設定

一番簡単な方法は、postfixの設定ファイルがある「/etc/postfix/main.cf」の末尾にalways_bccを追記することです。postfixのバージョンによっては、main.cfの途中にalways_bccがコメントアウトされていることもあります。

always_bcc = [転送先メールアドレス]

実際に設定した内容の差分も記載します。

 

always_bccは複数のメールアドレスにbccで送信できない

always_bccに複数のメールアドレスを設定しようとしたところ、完全にドツボにはまりました。postfixのalways_bccは2つ、3つと複数のメールアドレスの登録が行えません。公式ページでは明言している箇所を特定できませんでしたが、思いつく限りの設定方法での動作検証、および海外のフォーラムの記載を確認した限りでは、always_bccは1つしか設定できないようです。

 

sender_bcc_mapsで転送設定を行う

always_bccと兼用で使用できるsender_bcc_mapsの設定項目があるため、2つめのbccの転送先をsender_bcc_mapsで設定します。always_bccは全ての送信メールを自動でbcc転送するしますが、sender_bcc_mapsは送信者(ドメイン)ごとにbccでメールを転送する設定です。

sender_bcc_mapsの設定方法

サンプルとして、メール送信者のドメイン名がexample.comのときにbcc@example.jpにbccでメールを転送する設定を記載します。

(1)「/etc/postfix/sender_bcc」ファイルを新規作成します。

転送対象とするドメイン名と転送先のメールアドレスを記述しています。

(2)postmapコマンドを実行する

コマンドを実行すると/etc/postfix/sender_bcc.dbファイルが作成されます。

(3)「/etc/postfix/main.cf」の末尾に設定を追加します。

(4)postfixを再起動します。

注意点
sender_bccの設定内容を変更する度にpostmapコマンドの実行とpostfixの再起動が必要です。

さいごに

今回はメール送信時にbccでメールを転送する方法。およびalways_bccとsender_bcc_mapsを利用して、2か所にbccメールを送る方法を紹介しました。もし複数へのbccメールの送信について、別の良い方法が判明しましたら記事を更新します。

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事