[AWS]グローバルIPアドレス(Elastic IP)の制限緩和をリクエストする

[AWS]グローバルIPアドレス(Elastic IP)の制限緩和をリクエストする

ip_limited_mitigation_top

AWS のリソースのリミットを変更する手順

AWS で本格的にサービスの運用を始めるとすぐにリソースの制限に受けることになります。特に EC2 インスタンスや IP アドレスの上限には、サービスの運用を開始して間もなく抵触することが多いです。

そのため本記事ではリソースの制限緩和、その中でも固定 IP (グローバル IP アドレス)の上限緩和を AWS に依頼する手順を説明します。手順自体は全て共通のため、慣れればリソースの緩和は手軽に行えますので早速確認してみましょう。

Advertisement

グローバル IP アドレス の上限緩和を依頼する手順

ip_limited_mitigation1
EC2 ページの左メニューにある「制限」を選択します。制限のページには現在設定されている制限値の一覧が表示されているため、制限を緩和したい項目を探した上で、「制限緩和のリクエスト」のリンクをクリックします。

今回は、EC2 インスタンスに付与するグローバル IP アドレスを緩和したいので、「EC2 VPC Elastic IP」の項目にある「制限緩和のリクエスト」をクリックします。

 

ip_limited_mitigation2
リクエストに必要な設定項目を下記のように設定しました。

項目名 設定した内容
Create Case Service limit increase
Case classification(Limit Type) Elastic IPs
リージョン アジアパシフィック(東京)
Limit ご希望の VPC Elastic IP アドレスの合計数
New limit value 10

EC2 インスタンスに設定できる IP アドレスを「5」から「10」に変更依頼を出します。

 

ip_limited_mitigation3
制限緩和の依頼後、数時間後にサポートから制限緩和したメールが届きます。確認すると画像の通り、IP アドレスの制限値が緩和されています。

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事