[ISERROR関数]対象がエラー値であるかを調べる – Excelの使い方

[ISERROR関数]対象がエラー値であるかを調べる – Excelの使い方

excel_top

「=ISERROR(参照)」で参照先がエラーであるかを返す

Excel(エクセル)では、「=ISERROR(参照)」で設定した参照先がエラーであるかを確認することができます。

(例)
セルA1がエラーであるかを確認したいときは
・「=ISERROR(A1)」
と記述します。

Advertisement

ISERROR

=ISERROR(参照)

ISERROR関数の使い方

ISERROR 関数は参照先がエラー値(#DIV/0!、#N/A、#NAME?、#NULL!、#NUM!、#REF!、#VALUE! のどれか)であるかを調べます。もし参照先がエラー値であれば TRUE(真)を返し、エラー値でなければ FALSE(偽) を返します。

 

ISERROR関数の実行サンプル

ISERROR関数を使って、エラー値と数値、文字列を設定したときのサンプルを表示しています。
※動作検証にはoffice365を使用しています
excel_iserror1

Advertisement

officeアプリカテゴリの最新記事