[LCM関数]最小公倍数を求める – Excelの使い方

[LCM関数]最小公倍数を求める – Excelの使い方

excel_top

「=LCM(数値)」で最小公倍数を取得する

Excel(エクセル)では、「=LCM(数値1,…数値255)」で指定した数値の最小公倍数を返します。
最小公倍数とは、2つ以上の数値に共通する倍数の中で、一番小さい正の整数です。

(例)
最小公倍数を取得したいときセルに
・「=LCM(数値1,数値2)」
と記述します。

Advertisement

LCM

=LCM(数値またはセル番号)

LCM関数の使い方

セルA1、セルB1、セルC1にある数値から最小公倍数を求めたいときは「=LCM(A1,B1,C1)」のように指定します。また範囲指定も可能で「=LCM(A1:C1)」と記入することもできます。

引数に負の整数を指定したときはエラーとなるので注意が必要です。

 

LCM関数の実行サンプル

LCM関数を使って、3つ以上の数値の最小公倍数を求めた値を表示しています。
※動作検証にはoffice365を使用しています
excel_lcm1

Advertisement

officeアプリカテゴリの最新記事