officeアプリ

2/7ページ

[ISBLANK関数]対象が空白セルであるかを調べる – Excelの使い方

「=ISBLANK(参照)」で参照先が空白のセルであるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISBLANK(参照)」で設定した参照先が空白のセルであるかを確認することができます。 (例) セルA1が空白セルであるかを確認したいときは ・「=ISBLANK(A1)」 と記述します。 ISBLANK =ISBLANK(参照) ISBLANK関数の使い方 ISBLANK 関数は参照先が空白のセルであ […]

[ISFORMULA関数]数式であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISFORMULA(参照)」で参照先が数式であるかを返す Excel(エクセル)では、「=ISFORMULA(参照)」で設定した参照先が数式であるかを確認することができます。 (例) セルA1の数式か否か確認したいときセルに ・「=ISFORMULA(A1)」 と記述します。 ISFORMULA =ISFORMULA(参照) ISFORMULA関数の使い方 ISFORMULA 関数を使うことに […]

[ISLOGICAL関数]値が論理値であるかを調べる – Excelの使い方

「=ISLOGICAL(値)」で論理値を参照するかを返す Excel(エクセル)では、「=ISLOGICAL(値)」で設定した値が論理値であるかを確認することができます。 (例) セルA1の値が論理値である TRUE または FALSE であるかを確認したいときセルに ・「=ISLOGICAL(A1)」 と記述します。 ISLOGICAL =ISLOGICAL(値) ISLOGICAL関数の使い方 […]

[XOR関数]論理式の排他的論理和を調べる – Excelの使い方

「=XOR(論理式)」で条件式の排他的論理和を返す Excel(エクセル)では、「=XOR(論理式1,論理式2…)」で条件式の結果で TRUE を返している数が奇数であることを確認することができます。 (例) セルA1の値が1か、セルA2の値が2のどちらかのみ TRUE であるかを確認したいときセルに ・「=XOR(A1=1,A2=2)」 と記述します。 XOR =XOR(論理式1,論 […]

[OR関数]いずれかの条件が TRUE であることを調べる – Excelの使い方

「=OR(論理式)」で条件式のいずれかが真であるかを確認する Excel(エクセル)では、「=OR(論理式1,論理式2…)」でいずれかの条件式が TRUE を返しているかを確認することができます。 (例) セルA1の値が1か、セルA2の値が2のどちらかだけでも TRUE であるかを確認したいときセルに ・「=OR(A1=1,A2=2)」 と記述します。 OR =OR(論理式1,論理式2 […]

[AND関数]全ての条件が TRUE であることを調べる – Excelの使い方

「=AND(論理式)」で条件式が全て真であるかを確認する Excel(エクセル)では、「=AND(論理式1,論理式2…)」で全ての条件式が TRUE を返しているかを確認することができます。 (例) セルA1の値が1で、且つセルA2の値が2であることを確認したいときセルに ・「=AND(A1=1,A2=2)」 と記述します。 AND =AND(論理式1,論理式2…) AND […]

[NOT関数]ある値と等しくないことを確認する – Excelの使い方

「=NOT(論理式)」で条件式を満たしていないことを調べる Excel(エクセル)では、「=NOT(論理式)」で論理式の条件を満たしていないことを確認します。 (例) セルA1の値が1でないことを確認したいときセルに ・「=NOT(A1=1)」 と記述します。 NOT =NOT(論理式) NOT関数の使い方 NOT 関数は条件式が正しくないことを確認する関数です。 つまり条件式が正しい(TRUEを […]

[SMALL関数]小さい方から指定した順番の値を求める – Excelの使い方

「=SMALL(配列,順番)」で配列の小さい方から指定した順番の値を取得する Excel(エクセル)では、「=SMALL(配列,順番)」でデータの小さい順に並び変えた上で指定した順位にある数値を返します。 (例) 配列から2番目に小さい数値を取得したいときセルに ・「=SMALL(配列,2)」 と記述します。 SMALL =SMALL(配列,順番) SMALL関数の使い方 セルA1からF1に配列の […]

[LARGE関数]大きい方から指定した順番の値を求める – Excelの使い方

「=LARGE(配列,順番)」で配列の大きい方から指定した順番の値を取得する Excel(エクセル)では、「=LARGE(配列,順番)」でデータの大きい順に並び変えた上で指定した順位にある数値を返します。 (例) 配列から2番目に大きい数値を取得したいときセルに ・「=LARGE(配列,2)」 と記述します。 LARGE =LARGE(配列,順番) LARGE関数の使い方 セルA1からF1に配列の […]

[FALSE関数]条件式の値が偽であることを表す – Excelの使い方

「=FALSE()」で論理値の真を表す Excel(エクセル)では、「=FALSE()」で論理式の FALSE 値を返します。セルや数式の条件式で偽を表すときに使用します。 FALSE =FALSE() ※FALSE関数関数には引数はありません FALSE関数の使い方 エクセルにて条件によって、FALSE値を返すことができます。 =IF(A1=1,TRUE(),FALSE()) 上記の式はセルA1 […]

1 2 7