Linux(CentOS/Ubuntu)にてホスト名(hostname)を確認・変更する

Linux(CentOS/Ubuntu)にてホスト名(hostname)を確認・変更する

set_hostname_top

CentOS7 と Ubuntu のホスト名の確認と変更の方法は同じ

サーバーのホスト名に関する設定方法が、CentOS7 から Ubuntu と同じ手順となりました。
そこで CentOS と Ubuntuのホスト名の確認方法、および設定変更の手順をまとめて確認していきます。

※サンプルの実行例は、CentOS7 と Ubuntu18.04 で実行したものです。

Advertisement

Linux のホスト名の確認方法

Linuxのホスト名を確認するコマンドは「hostname」と「hostnamectl」、「cat /etc/hostname」の3つあります。個人的におすすめするコマンドは

hostnamectl

です。

ホスト名を確認するコマンド一覧

コマンド名 説明
hostname 現在設定されているサーバーのホスト名を返す
hostnamectl 一時的なホスト名、及び恒久的なホスト名を含む詳細な情報を返す
cat /etc/hostname 恒久的なサーバーのホスト名を返す

Ubuntuの実行サンプル

CentOSの実行サンプル

 

ホスト名を確認するコマンドの違い

ホスト名を確認するコマンドには差異があり、ホスト名を一時的に変更するコマンド「hostname (ホスト名)」を実行すると差異がよく分かります。

ホスト名を取得する「hostname」コマンドは、一時的なホスト名が設定されているときは一時的なホスト名。一時的なホスト名が設定されていないときは恒久的なホスト名を返していることが分かります。

 

Linux のホスト名の変更方法

Linuxのホスト名を変更する方法は「hostname (ホスト名)」コマンドと「hostnamectl set-hostname (ホスト名)」コマンド、「/etc/hostname」を編集する3つあります。個人的におすすめする方法は

hostnamectl set-hostname (ホスト名)

のコマンドを実行する方法です。

ホスト名の変更方法一覧

変更方法 説明
「hostname (ホスト名)」
コマンド
一時的なホスト名の変更を行います。
サーバーの停止を行うまではホスト名として機能しますが、
サーバーが再起動したときは恒久的なホスト名に戻ります。
「hostnamectl set-hostname (ホスト名)」
コマンド
恒久的なホスト名の変更を行います。
「/etc/hostname」
ファイルの編集
恒久的なホスト名の変更を行います。

実行サンプル

 

さいごに

ホスト名の確認・変更を行うときは「hostnamectl」を利用することをおすすめします。CentOS7 から Ubuntu と同じ手順になったため環境に依存しなくても良いのもうれしい限りです。

ただホスト名の変更するとき、「hostnamectl」コマンドをおすすめしているものの、個人的には「/etc/hostname」を直接編集することが一番多い気がしていますが(笑)

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事