MySQL(データーベース)をバックアップしよう

MySQL(データーベース)をバックアップしよう

mysqlのバックアップ方法

データベースを保全することは、サイトやサービスを継続運用する上で欠かすことができません。もちろんウェブ上のプログラムも大切ですが、データベースには復旧できないデータが多く含まれています。そこで今回は、データベースのバックアップ方法をまとめていきます。

Advertisement

mysqldumpコマンドでmysqlをバックアップする

mysqldumpコマンドは、sshログインができるvpsや専用サーバーの環境でよく使われるデータベースのバックアップ方法です。細かい設定が行える上に、定期処理(crontab)で自動バックアップを行ったりするときに便利です。
mysqldumpコマンドで利用される頻度が高いものは下記のとおりです。

データベース全体のバックアップ

mysqldump -h[ホスト名] -u[ユーザー名] -p [データベース名] > [出力ファイル名]

テーブルのバックアップ

mysqldump -h[ホスト名] -u[ユーザー名] -p [データベース名] [テーブル名] > [出力ファイル名]

テーブルの定義とデータのダンプ

mysqldump -h[ホスト名] -u[ユーザー名] -p -d [データベース名] > [出力ファイル名]

mysqldumpコマンドのオプション

オプション 意味 説明
-h ホスト名 接続先mysqlのサーバーのホスト名(localhost、ドメイン名など)を表す。
省略したときは、デフォルトのlocalhostとなる。
-u ユーザー名 mysqlに接続するときのユーザー名を指定します。
省略したときは、デフォルトのrootとなる
-p パスワード 指定したユーザーのパスワードを設定します。
省略したときは、パスワードなしでログインを試みます。
-d 定義 データを含まずに定義のみを出力します。

 

phpmyadminでmysqlをバックアップする

phpmyadminは、レンタルサーバーの環境でよく使われるデータベースの操作ソフトです。テーブルやカラムの追加・削除がUI上で行え、バックアップもワンクリックで行える強力なソフトです。

バックアップ方法の紹介するために、テスト用のWordpressをインストールしていますので、データベースのバックアップ手順を確認します。

データベース全体のバックアップ
phpmyadminにログインすると下記の画面が表示されますので、「test」データベースをクリックして、データベース全体を選択します。

右側の上メニューにある「エクスポート」をクリック。「実行」ボタンを押すと「***.sql」ファイル名でデータベース全体がダウンロードできます。

 

さいごに

バックアップは非常に重要です。特に未然のデータ消失や破損に備えおいて損はありませんので、バックアップは計画的に行ってくださいね。
ただ記事を書いていて、全部手動で対応するのは面倒なところが多いので、後日に別の記事で、自動バックアップの手順も紹介してみたいと思います。

Advertisement

web開発カテゴリの最新記事