[PHP]環境変数を取得する

NO IMAGE

環境変数の利用

phpにて環境変数を利用するときは$_SERVER変数を使用します。
$_SERVER変数はサーバーより受信したデータを配列として設定しています。この配列の中には、ipアドレス(REMOTE_ADDR)を取得したり、ユーザーエージェント(HTTP_USER_AGENT)を取得したりします。

Advertisement

主要な環境変数一覧を記載します。

HTTP_HOST アクセスしているページのホスト名です
HTTP_USER_AGENT ページにアクセスしているユーザーのブラウザのバージョン番号やプラットフォーム名を含んだ文字列です
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE ブラウザーが表示可能な言語の一覧。複数の言語、および優先順位の指定が可能です
HTTP_ACCEPT_ENCODING ブラウザーが利用可能な圧縮アルゴリズムの形式。例えばブラウザーがgzipをサポートしていることを伝えた場合、サーバーはHTTPレスポンスをgzipで圧縮して返却します。なお双方が圧縮アルゴリズムに対応していても、応答の本体を圧縮しないことも選択できます
HTTP_ACCEPT_CHARSET ブラウザーが利用可能な言語コード。サーバーはブラウザーから提案された1つを使用して応答します。ブラウザは通常、このヘッダーを設定しません
HTTP_KEEP_ALIVE ブラウザーの接続方法、応答の最大量およびタイムアウトの設定が可能です
HTTP_CONNECTION セッションの永続性を表します。例えばkeep-aliveを設定した場合、永続的で接続は閉じられません。同じサーバーへの後続の要求が実行されます
SERVER_NAME スクリプトが実行されているサーバーのホスト名
SERVER_ADDR スクリプトが実行されているサーバのipアドレス
SERVER_PORT スクリプトが使用しているWebサーバーの通信ポートの番号。デフォルトではhttp通信は[80]、https通信は[443]を利用する
SERVER_PROTOCOL Webサーバーがページをリクエストされた際の返答方法(プロトコル名とバージョン)
REQUEST_METHOD ブラウザーがページにアクセスした際に使用されたリクエストの種類(GET,POST,PUT,DELETEなど)
REMOTE_HOST アクセスしているユーザーのホスト名
REMOTE_ADDR アクセスしているユーザーのIPアドレス
REMOTE_PORT ブラウザーがサーバーと通信する際に利用したポートの番号

環境変数確認(環境変数チェック)
ご自身の環境変数を確認したいときは
https://tool.t3a.net/env/
で確認することができます。

Advertisement

web開発カテゴリの最新記事