Linuxファイルにおけるファイルの時刻管理(atime,ctime,mtime)

Linuxファイルにおけるファイルの時刻管理(atime,ctime,mtime)

Linuxのファイルにおけるタイムスタンプ

Linuxのファイルには3つのタイムスタンプがあります。Windowsのファイルにおけるタイムスタンプである作成日時、更新日時、アクセス日時とは少し異なることもあり、意味合いを忘れることがあるため、備忘録としてまとめます。

Advertisement

タイムスタンプの概要

タイムスタンプ(atime,ctime,mtime)を一覧しましたので確認してみましょう。
ctimeとmtimeが似通った意味合いを持っています。

コマンド 正式名称 概要
atime Access Time 最後にファイルにアクセスした日時。
ctime Change Time 最後にファイルに変更を行った日時。
ファイルへの書き込みを行ったときに修正されます。
なお ctime には任意の日時を設定することはできません。
mtime Modify Time 最後にファイルに修正を行った日時。
ファイルへの書き込みやinodeなどの
パラメーターの情報を変更したときに修正されます。

 

タイムスタンプの変更の実例

では実際にタイムスタンプの変更を試してみましたので確認してみます。

ファイルの3つのタイムスタンプを確認したいときは、statコマンドを利用すると確認できます。

 

catコマンドでファイルにアクセスするとatimeが変更したのが分かります。

 

viコマンドにて書き込みだけ行いました。

なおtouchコマンドでファイルにアクセスするとatimeとmtimeが更新されます。

 

タイムスタンプの用途

atime、ctime、mtimeを利用する用途として、よく見るのがfindコマンドによるファイルの検索です。

2日前以上前にアクセスされたファイルを探す

3日以内に書き込みされたファイルを探す

4日前に修正されたファイルを探す

 

実例として、別記事を上げていますので、興味があればコチラもご確認ください。

n日以上古いログファイルを削除する

 

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事