[AWS]RDSでMySQLデータベースを作成(新設)する

[AWS]RDSでMySQLデータベースを作成(新設)する

RDSサーバーの設置手順

AWSのRDSを利用してMySQLデータベースを新規設置の手順をご紹介します。
データベースはEC2と同じサーバー内に設置することもできます。ただサービスの規模が大きくなることが判明しているときは、後々のスケールアウトの手間を考えて、始めからRDSでデータベースを作成しましょう。

Advertisement

リージョンの決める

AWS内でインフラの設定を完了させることを前提に作成します。

そのため下記にある以前に作成したEC2と同じ米国西部(オレゴン)にRDSも設置します。作成したデータベースには、EC2で作成したウェブサーバーからアクセスします。

[AWS]EC2でサーバーを作成(新設)する

 

グループの作成

RDSのインスタンスを作成する前にグループを作成しましょう。

作成したグループのパラメータは随時変更できますが、デフォルトとなるグループのパラメータは設定を変更することができません。またグループ自体の変更はRDSの再起動が必要です。グループのパラメータが初期設定のままで良いとしても、事前に新しいグループを作成しておくことをおススメします。

今回はMySQLを利用しますので、MySQL5.7のパラメータとオプションのグループを作成します。

パラメータグループ

オプショングループ

 

セキュリティグループの作成

RDSのセキュリティグループには、ウェブサーバーが持つセキュリティグループの番号を設定しましょう。これにより該当のセキュリティグループを持つサーバーからデータベースにアクセスさせることができます。

セキュリティグループはEC2で設定することができます。

 

インスタンスの作成

Amazon RDS の「インスタンス」>「データベースの作成」からRDSの作成画面に遷移しましょう。

 

MySQLのデータベースを作成するので、MySQLを選択します。

 

本番用のリリース以外のときは開発用を選択しましょう。「Amazon Aurora」や「本番稼働用 – MySQL」を選択すると複数台構成のデータベースを作成する前提なので費用が高めです。

 

MySQL5.6以上(ALTER TABLE時にテーブルがロックされない)を選択しましょう。

 

AWS環境からのみデータベースに接続させるので、パブリックアクセシビリティは「いいえ」を選択します。「データベースの作成」ボタンをクリックすれば新しいデータベースが作成されます。

 

さいごに

さいごにRDSにてサーバーを新設するときのポイントをまとめておきます。RDSにて新しいデータベースを新設するときに少しでも参考になれば幸いです。

EC2で作成したサーバーのみRDSに接続させるとき

  • パブリックアクセシビリティは「いいえ」を選択する。
  • セキュリティグループには、接続するウェブサーバーが設定しているセキュリティグループに対して接続許可の設定をする。

AWS以外で作成したサーバーからRDSに接続させるとき

  • パブリックアクセシビリティは「はい」を選択する
  • セキュリティグループには、接続するウェブサーバーのIPアドレスを設定する
Advertisement

インフラカテゴリの最新記事