有料SSLと無料SSLのどちらを利用すれば良いの?

有料SSLと無料SSLのどちらを利用すれば良いの?

有料SSLと無料SSLの違い

Advertisement

Let’s Encrypt(無料SSL)について

Let’s Encryptは、2016年4月に正式に開始された認証局です。すべてのWebサーバをSSL化(通信を暗号化)することを目指したプロジェクトで、電子フロンティア財団を筆頭に複数の団体がスポンサーとして非営利団体として活動しています。
多くのサイトで取り上げられ、本格的に利用され始めたのは2016年末~2017年始め頃だと思います。


2018年05月28日には、ワイルドカードにも対応。利便性もますます向上しています。

有料SSL

有料SSLのメリット

  • サポートを受けることができる
  • SSLのサイトシールを利用できる
  • 最大2年間のSSLを発行できる
  • 会社の存在証明に利用することができる

有料SSLのデメリット

  • 有料(年間1000円~数十万円)
  • 自動更新ができない

有料SSLを購入する最大のメリットは、「サイトシールが利用できること」だと思います。もちろんサイトシールがない格安の有料SSLもありますが、ユーザーに対して安全を訴求し易いサイトシール有無は大きいです。

無料SSL

無料SSLのメリット

  • 無料で利用できる
  • 状況により自動更新することが可能

無料SSLのデメリット

  • サポートがない
  • 3カ月ごとにSSLを更新する必要がある

無料SSLを購入する最大のメリットは、「無料であること」だと思います。有料SSLのデメリットと完全に対になりますが、個人的には無料は正義です(笑)。

まとめ

有料SSLの用途

主に会社として安全性を重視したい場合、またはサイトシールを利用したい場合に利用するのが良いと考えます。

無料SSLの用途

出来るだけ安く(無料で)httpsに対応したいときに利用するのが良いと思います。

有料SSLと無料SSLのどちらがおススメ

個人的には仕事以外のSSLは無料SSLで良いと考えています。
特に最近はレンタルサーバーの各社も「Let’s Encrypt」で無料SSLに対応しています。「Let’s Encrypt」はサポートが存在しないですが、レンタルサーバーが提供している場合はレンタルサーバーのサポートで対応していただけるので安心です。
※このサイトも「Let’s Encrypt」のSSLを利用しています。

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事