Chrome69にて「www」などのサブドメインが省略!?

Chrome69にて「www」などのサブドメインが省略!?

Chrome69配布開始

Google(グーグル)がブラウザーソフト「Chrome」のバージョン69の配布を開始しました。
配布日が2018年09月04日のため、今日で1週間が経過します。物議を呼ぶ変更もあったため使用感と話題の変更点をまとめてみます。

Advertisement

デザイン刷新!マテリアルデザインに変更

Chrome69にて初期デザインがマテリアルデザインに変更となり、UIがフラット&シンプル化しています。パッと目につくところでは、タブやアドレスバーの角が丸いことです。また色合いを変更した影響で上部メニュー部分とブラウザー部分の境目が平らになった印象を受けます。

 

chromeのデザインを元(chrome68以前のもの)に戻す方法

新しいデザインになじめない人のために、デザインを元(chrome68以前のもの)に戻す方法が用意されています。chromeブラウザでアクセスしているは、URLが表示されるアドレスバーに「chrome://flags/#top-chrome-md」と入力してください。

chromeの設定画面が表示されますので、画像で示した項目「UI Layout for the browser’s top chrome」にある「Normal」を選択してブラウザを再起動することにより、以前のデザインに戻すことができます。

 

「www」などのサブドメインが省略される仕様に変更!?

Chrome69から「www」やモバイルを表す「m」のサブドメインが勝手に削除される仕様に変更されています。参考までに当サイト「https://www.t3a.jp/」のURLをChrome68とChrome69で表示したときの画像を記載します。

Chrome68のアドレスバー

Chrome69のアドレスバー

 

chromiumフォーラムにて物議を呼ぶ

chromeのフォーラムにあるユーザーが「アドレスバー『www』から始まるURLを入力したが勝手に『www』が削除されてしまう」という不具合報告を行いました。例えば「example.com」と「www.example.com」は別のドメインであるため、サブドメインが省略される今回の修正には否定的なコメントがかなり多いです。
https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=881410

サブドメインの省略に関連して、フォーラムには「https://www.m.www.example.www.m.com/」にアクセスしたとき、ドメインの省略が行われて「example.com」と表示される不具合も報告されています。「www.m.www.example.www.m.com」はエラー画面が表示されますが、「example.com」と全く別ドメインなのにアドレスバーの表示が同じなのはユーザーに多大な誤認を与えますね(苦笑)。
https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=838166

chromeのアップデートがあり、サブドメインの省略が無くなっています。

 

フォントがぼやけて認識しにくい

フォントがぼやける問題は、ウェブサイト上のテキストだけに収まらず、アドレスバーで表示される検索候補にまで影響を与えています。個人的にもタブの文字が視認しにくくなっているので残念に思っています。

All fonts became became more blurred after 69 upd from chrome

 

さいごに

Chrome68のフラットデザイン自体は、個人的に好みなデザインです。
ただアドレスバー(URL)の変更は安易すぎたと言わざるを得ないため、今後のアップデートでどのように変更されるのかを注視していきたいと思います。

Advertisement

IT全般カテゴリの最新記事