[SEO]Google Search Consoleに登録しよう!

[SEO]Google Search Consoleに登録しよう!

Google Search Consoleへの登録

みなさんは「Google Search Console」に登録されていますか?
今回はSEOの基本となる「Google Search Console」に登録を行う手順を確認していきます。

Advertisement

SEOの基本作業

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった検索エンジンの最適化といわれる作業です。現在、サイトへの主な流入は、

  • 検索エンジンからの流入
  • SNSからの流入
  • 別サイトからの流入

の3つであり、その中でも「検索エンジンからの流入」は大きなウェイトを占めます。日本の検索エンジンはGoogleとYahooで90%以上のシェアを占めています。しかもGoogleとYahooと同じ検索エンジンであるGoogleの検索エンジンを利用しています。
「Google Search Console」に登録することは、90%以上のシェアにアプローチするための最低必須の対応になります。そのためサイト開設後に一番最初に行う作業と言えます。

 

サイトの登録方法

事前準備

サイトを登録する前に自分のサイトが「https://ドメイン名」でアクセスできるかどうかを確認してください。
Googleはhttpsに対応しているかどうかはサイトの評価に影響すると明言しています。httpsに対応済みであれば良いですが、httpのみのサイトはできればhttpsに対応することをおススメします。仮にサイトの設置先がレンタルサーバーであれば、ほとんどのレンタルサーバー会社が無料SSLを提供してくれているため、https化を少ない労力で対応することができます。

登録手順

「Google Search Console」のトップページはサイト一覧が表示されます。新しいサイトを追加するときは、「新しいプロパティを追加」と書かれた赤いボタンをクリックします。

表示された入力欄に自分のサイトのトップページのURLを記入します。
注意事項として、httpとhttpsは別サイトと判定されますので、httpsに対応しているサイトは必ず「https://ドメイン名/」と入力するして下さい。

URLを入力後、自分がドメインの所有者であることを示す作業が必要です。
複数の確認方法が提供されていますが、基本はHTMLファイルのアップロードです。「このHTML確認ファイル」のリンクをクリックして、ファイルをダウンロードして、自分のドメインの直下にファイルを設置します。

ちなみに該当のサイトを事前にGoogle Analyticsに登録しているときは、確認ボタンをクリックするだけでサイトの登録が完了します。

 

サイトマップ

次にサイトマップを登録します。サイトマップは検索エンジンにサイトの構成を伝えて、検索エンジンが効率よくサイト情報を収集してくれる手助けをします。
サイトのアクセス数を増やしたいときは必須となりますので、サイトマップを登録することをおススメします。

サイトマップの登録手順

「Google Search Console」に登録したドメインをクリックすると、ドメインごとの設定画面が表示されます。サイトマップの登録は左メニューにある「クロール」>「サイトマップ」から行います。

サイトマップの画面にて、「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックすると入力欄が表示されます。登録するサイトマップのURLを入力して送信ボタンをクリックすれば登録完了です。

 

さいごに

今回は「Google Search Console」の登録方法をご紹介しました。
「Google Search Console」はGoogleの検索エンジンに新しいサイトの情報を伝えるときに利用します。その他、検索エンジンで検索されたときのサイト順位、クリック回数などに自分のサイトの状況を把握するために欠かせません。「Google Search Console」をうまく利用して、自身のサイトへの流入アップにお役立てください。

Advertisement

SEO対策カテゴリの最新記事