HTML・CSS 初心者が勉強する際におすすめする入門本・書籍5選【2020年版】

HTML・CSS 初心者が勉強する際におすすめする入門本・書籍5選【2020年版】

html_css_primer_ranking_top

HTML・CSS の学習本・書籍の選び方

「自分のサイトを作りたい」、「デザインを勉強したい」など様々な目的で使用される HTML と CSS。

現在のほとんどのウェブサイトの根幹を担う技術だけに、HTML/CSS が使えると実現できる幅も広がります。またブラウザ1つあれば動作確認が行えるため、パソコン1台あれば他の前準備は不要。HMTL の記述を変更した後にすぐに反映されるので分かり易い点もメリットです。

そこで今回は、HTML/CSS を勉強したい方の手助けとなる書籍の選び方と僕がおすすめする参考書を紹介します。

Advertisement

HTML・CSS について

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の頭文字を並べた略称で、ウェブページを作るときに骨格となるマークアップ言語の1つ。ちなみに HTML の種類は「HTML4」と「XHTML」、「HTML5」の3つがあります。

CSSとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の頭文字を並べた略称。文字のサイズや色、余白の大きさ、装飾などレイアウトにおける見栄えを定義するスタイルシート言語の1つです。

現在(2020/09/01)時点の主流は HTML5/CSS3 のため、参考書を探す場合は HTML5/CSS3 に対応した本を選ぶようにしましょう。

HTML5/CSS3 に対応した本を選びましょう!

 

初心者におすすめする入門書の選び方

初心者向けの HTML/CSS の教本には、主に2系統があります。

1つは基本的なタグの使い方や使用例を示す本。2つめは実際にウェブサイトを作成しながら解説していくタイプです。

僕の個人的な意見では、入門書と銘打つ本は数多ありますが、本当の初心者には難易度が高い本がほとんど。そのため、まず実際に簡単なウェブサイトを見よう見まねで作成してみる。その上で入門書を読むことで、タグの使い方や使用例を確認する…といった流れが一番効率が良いと考えています。

初心者は簡単なウェブサイトが作れる本がおすすめ

 

中級者におすすめする参考書の選び方

HTML/CSS を覚えた中級者は、次に何を学びたいかを考えましょう。

ウェブサイトを作るにあたり、

  • HTML5
  • CSS3
  • javascript
  • jquery (javascriptの汎用ライブラリ)
  • sass (css を汎用的に開発するためのスクリプト)
  • プログラム(PHP、Ruby、Perl、python)
  • データベース(MySQL、SQLServer、Oracle)


など多数の知識を必要とします。

一番多い組み合わせとしては、HTML/CSS、javascript、PHP、MySQL になります。PHP と MySQL はプログラマーの領分に入るため難易度は高め。

そのためプログラマーになりたい方や、一通りのことが全てできるようになりたい方は上記のセットを。デザイナーを目指す方は HTML/CSS、javascript のセットを一緒に学べる学習本を選びましょう。

またデザイン性をまとめた教本やポケットリファレンスなど、ワンポイントの助力になる参考書もおすすめです。

Advertisement

HTML・CSS のおすすめ参考書

では実際におすすめの書籍をご紹介します。

 

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

狩野 祐東(著)
ページ数:296ページ
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2018/04/14

出典:amazon

サンプルとなる小さなウェブサイトの作成を通して、HTML と CSS の基本を学べる入門書。

初版が2013年に発売されてロングセラーを誇る人気本で、2018年に改訂版となる第2版が発売されました。今回おすすめするのは最新版の第2版のほう。

HTML/CSS を学ぶ人はデザイナーも多いということから、初心者が詰まりがちなツールの設定手順は、Windows と Mac の両対応なのもポイント高め。

HTML と CSS の基本の説明。タグ、レスポンシブの解説など、できる限り分かり易く解説してくれます。図解も多いため、陥りやすいミス等も細かくサポートされています。

とにかく最初の参考書としては最適な一冊。もちろん多少でも HTML/CSS に知識のある方が読むには、少し物足りないため悪しからず(笑)。

 

デザインの学校 これからはじめる HTML & CSSの本

千貫 りこ(著)、ロクナナワークショップ(監修)
ページ数:192ページ
出版社:技術評論社
発売日:2017/05/26

出典:amazon

デザインの基本のキを学ぶような初心者向けの HTML と CSS の入門書。

さすがに丁寧過ぎると感じる位に易しく、入門編としてわかりやすくまとまった内容です。ページ数も多くないため、集中して頑張れば1日で終われるので3日坊主にならなくて済みます(笑)。

問題点としては、この本だけでは知識として不十分な点。分かり易さに重点を置いているため仕方ない部分はありますね。

初めての一冊としては優秀な本なので、挫折したくない方はこの本から始めてみても良いでしょう。

 

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

Mana(著)
ページ数:283ページ
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2019/03/15

出典:amazon

HTML と CSS の基本的な使い方を知った後に読んで欲しいウェブデザインの教本。

ユーザーが見やすい・使いやすいデザインとは何かを解説してくれます。ウェブデザインの基礎知識を得ることができるので、ウェブサイトを作成する前に読んでおけば役立ちます。

 

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法

中級者になるために読んで欲しい CSS の正しい書き方を解説した本。

CSS を書く際に気を付ける点として、
・保守が簡単
・汎用性がある(再利用しやすい)
・拡張性が高い
に留意して、CSS を作成しなければいけません。

ただ実際のサイトでも CSS が破綻した書き方をしていることが多く散見されます。作業効率を上げるためにも上手な CSS の書き方は、スキル向上のために役立つのでおすすめです。

 

できるポケット Web制作必携 HTML&CSS全事典 改訂版 HTML Living Standard & CSS3/4対応

加藤善規(著)、できるシリーズ編集部(著)
ページ数:528ページ
出版社:インプレス
発売日:2020/02/14

出典:amazon

開発者の御用達でおなじみのポケットリファレンス。

豊富なサンプルコードが掲載されているので困ったときに読むも良し、暇なときに眺めるも良し。本格的な開発を行う際には、机の傍らに置いておきたい一冊です。

Advertisement

さいごに

HTML/CSS は現在のウェブサイトを構成する基本的な仕組みです。

インターネットは既に無くてはならないツールであるため、覚えておけば趣味や仕事などで多方面で役立つことが期待できます。まずは HTML・CSS の勉強を行い、その後にデザインを磨きたい人は綺麗なレイアウトの作り方を。プログラムを勉強したい方は PHP や Ruby、Python などにも挑戦して自身の可能性を広げて下さい。

 

プログラミング本に関する記事一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

IT全般カテゴリの最新記事