無料レンタルサーバーのおすすめ6選!WordPressを使えるサーバーも紹介

無料レンタルサーバーのおすすめ6選!WordPressを使えるサーバーも紹介

free_rentalserver_top

無料で利用できるレンタルサーバーの選び方

サイトを開設したいけど、できる限りお金をかけたくない!というニーズは一定数あるはずということで、無料のレンタルサーバーをまとめました。

無料のレンタルサーバーを提供する会社はたくさんありますが、自動広告が出るか WordPress を含めた PHP などのプログラムを使用できないものが多いです。またサーバーの性能も低くて、まともの使えないサーバーも多数。サーバーを提供している会社も慈善事業ではないため、これはもう致し方ありません(苦笑)。

一応その中でもある程度使えるレンタルサーバーを紹介します。

Advertisement

無料レンタルサーバーを選ぶ際のポイント

まず無料レンタルサーバーを選択するときに確認するポイントを8つ記載しておきます。

  • 独自ドメインが設定できるか
  • HDD容量は十分(1GB以上)あるか
  • WordPress を設置できるか
  • 広告表示が意図しない場所に表示されないか
  • 商用利用することはできるか
  • ある程度(100PV/1日)のアクセス数を許容できるか
  • 新規登録を受け付けているか
  • 運営者が安定しているか

では順番に詳細な説明を行います。

独自ドメインが設定できるか
最重要と考えるのが独自ドメインが設定できるかということです。

独自ドメインを設定できると作成するウェブサイトは自分自身の資産となります。アクセス数が増加したときに有料レンタルサーバーに移行するときも、サイトの評価を引き継いだまま移行できるため、SEO としても非常に重要になります。

 

HDD容量は十分(1GB以上)あるか
ウェブサイトの設置可能な容量として十分な量があるかは確認しましょう。無料レンタルサーバーの場合、大きめの容量として 1GB のサービスが多いので、1GB以上を目安とすると分かり易いです。

なお無料なので動画は置けないものと考えておきましょう。

 

WordPress を設置できるか
サービスが WordPress を利用できるか必ず利用前に確認しておきましょう。

もちろん HTML + CSS のみで作成する予定であれば良いですが、世界で一番主流となる CMS である WordPress が使えるか使えないかで利用用途は大きく異なってきます。

 

広告表示が意図しない場所に表示されないか
無料レンタルサーバーは、無料である性質上、ほぼ全てのサービスで広告が表示されます。ただ自動で挿入される広告のためにページのレイアウトが崩れないか、また理想を言えば広告が表示される場所を調整できるかは、サービスの利用序盤に確認するべき項目です。

 

商用利用することはできるか
会社のウェブサイトやサービスの販促ページ、Google アドセンスやアフィリエイトを目的する商用利用ができるかは確認しておきましょう。

 

ある程度(100PV/1日)のアクセス数を許容できるか
無料レンタルサーバーは無料である関係上、一定以上の負荷をサーバーにかけると問答無用でアクセスを遮断されます。

 

新規登録を受け付けているか
新規にウェブサイトを設置したい場合はもちろんですが、新規設置を受け付けているかはサービスが終了するか否かを判断するポイントになります。基本的に新規設置を終了したサービスは近いうちに終了するもの…と考えましょう。

 

運営者が安定しているか
無料レンタルサーバーは予告なくサービスを終了します。

個人で行っているサービスはもちろんのこと、企業でも突如サービス終了することが多々あります(苦笑)。本当に無料レンタルサーバーはよくあることなので、サービスの終了に極力会わないために業績の良い企業が運営するサービスを選んで終了する可能性を低くすることも考えましょう。

 

無料レンタルサーバーの比較とおすすめランキング

では僕がおすすめする無料レンタルサーバーをランキング形式でご紹介します。ランキングの順位は、先ほど記載した「無料レンタルサーバーを選ぶ際のポイント」を元に決めています。

 

無料レンタルサーバーおすすめランキング1位:XFREE(エックスフリー)
free_rentalserver_xfree

サービス名 XFREE(エックスフリー)
運営会社 エックスサーバー株式会社
HDD容量 1GB(1000MB)
PHP あり
DB(MySQL) あり
メール なし
独自ドメイン 可能
商用利用 可能
広告表示 あり

コスパ抜群のレンタルサーバー「エックスサーバー」を運営するエックスサーバー株式会社が提供する無料レンタルサーバーサービスです。

独自ドメインが設定できて、Wordpress も簡単インストールですぐに設置可能。無料レンタルサーバーの中ではスペックも良い方なので、ウェブサイトが育つまでの一時利用には耐えれるレベルです。HTML のみ使用するプランであれば、広告なしで利用可能(3カ月間、ファイルのアップロードがなければ広告が表示されます)。PHP や WordPress を利用できるプランだとスマートフォンのみ広告が表示されます。

 

 

無料レンタルサーバーおすすめランキング2位:StarServer Free(スターサーバーフリー)
free_rentalserver_starserver

サービス名 StarServer Free(スターサーバーフリー)
運営会社 ネットオウル株式会社
HDD容量 2GB(2000MB)
PHP あり
DB(MySQL) あり
メール なし
独自ドメイン 可能
商用利用 可能
広告表示 あり

スタードメインでお馴染みのネットオウル株式会社が運営する無料レンタルサーバーサービスです。

独自ドメインは設定可能で、Wordpress も設置OK、無料レンタルサーバーでは良いスペックです。HTML のみであれば、広告なしで利用できます(ただし3カ月間、ファイルのアップロードがなければ広告が表示されます)。PHP を利用した場合は、スマートフォンのアクセス時のみ広告が表示されます。

エックスサーバーの関連会社という事もあり、個人的に調べた限りでは、XFREE(エックスフリー)とほぼ同じスペックのサーバーを利用しています。

1位と2位で順位を分けたのは、Wordpress のインストールが簡単に設置できるかということです。XFREE(エックスフリー)やXREA Free(エクスリアフリー)は、有料レンタルサーバーではよく見る簡単インストールが提供されてますが、StarServer Free(スターサーバーフリー)では手動で WordPress をインストールする必要があります。

手動で WordPress のインストールが簡単に行える方は、正直なところ、1位と2位の順位の差はありません。

 

 

無料レンタルサーバーおすすめランキング3位:XREA Free(エクスリアフリー)
free_rentalserver_xrea

サービス名 XREA Free(エクスリアフリー)
運営会社 GMOデジロック株式会社
HDD容量 1GB(1000MB)
PHP あり
DB(MySQL) あり
メール なし
独自ドメイン 可能
商用利用 可能
広告表示 あり

ドメイン販売会社の大手であるバリュードメインを運営する GMO デジロック株式会社が運営する古くからある無料レンタルサーバーサービスです。

サーバースペックも良く、Wordpress の簡単インストールも可能。独自ドメインも設定可能なので、無料レンタルサーバーとしては十分な機能を有しています。

1位や2位と比較した上で3位に甘んじているのは広告表示です。1位や2位はスマホのみ広告が表示されますが、3位は全てのブラウザで広告が表示されるため、3位にしておこうくらいの差です。

 

 

おすすめできない無料レンタルサーバー

free_rentalserver_ng
もう少し無料レンタルサーバーを紹介したかったものの、おすすめするには微妙なサーバーがほとんどでした(冷や汗)。でもせっかく調べたのに勿体ない!ということで情報をまとめておきます。

おすすめしていないレンタルサーバーなのでリンクは貼ってないので悪しからず(汗)。

忍者ホームページ
free_rentalserver_ninja
http://www.ninja.co.jp/hp/

サービス名 忍者ホームページ
運営会社 忍者ツールズ株式会社
HDD容量 0.5GB(500MB)
PHP なし
DB(MySQL) なし
メール なし
独自ドメイン 可能
商用利用 可能
広告表示 あり

Webツールでお馴染みの「忍者ツールズ」を運営する忍者ツールズ株式会社が展開する無料レンタルサーバーです。

PHP や DB が使えないので、もちろん WordPress も使えないため HTML + CSS のみで作成するホームページしか作成できないのが大きなマイナス点です。

 

FC2 ホームページ
free_rentalserver_fc2
https://web.fc2.com/

サービス名 FC2 ホームページ
運営会社 FC2
HDD容量 0.5GB(500MB)
PHP なし
DB(MySQL) なし
メール なし
独自ドメイン 不可
商用利用 可能
広告表示 あり

多彩なウェブサービスを展開する FC2 の無料レンタルサーバーです。

無料プランでは、PHP や DB が使えないし独自ドメインも設定できないので無料レンタルサーバーの中でも選択肢には入りずらいです。ただ凄まじいアクセス数を誇る「ワンパンマン」のウェブサイトが設置されている事も有名なので、アクセス数を捌きたいのであれば選択肢としても入れても良いかと思います。

レンタルサーバーでは非常に珍しいですが、アダルトに属するウェブサイトの運営も「FC2 ホームページ アダルト」で契約すれば可能としています。

なお広告は3ヶ月以上更新がないときや、スマホの閲覧時に広告が表示されます。

 

AmebaOwnd(アメーバオウンド)ホームページ
free_rentalserver_ownd
https://www.amebaownd.com/

サービス名 Ameba Ownd ホームページ
運営会社 株式会社サイバーエージェント
HDD容量 1GB(1000MB)
PHP なし
DB(MySQL) なし
メール なし
独自ドメイン 可能
商用利用 可能
広告表示 あり

おしゃれなデザインが簡単に設置できる株式会社サイバーエージェントが提供するホームページ作成サービスです。

独自ドメインが設定可能で複数あるスタイリッシュなテンプレートから選ぶことにより、簡単にサイトを開設することができます。用意されているテンプレートはレスポンシブ対応であり、スマートフォンでも見やすい設計になっています。

ちなみにトップページに広告を表示する旨の記載はないものの、僕が試したテンプレートだとフッター部分にきっちり広告が設置されました(苦笑)。

 

無料レンタルサーバーの注意点

free_rentalserver_attention
無料レンタルサーバーを順番に紹介してきましたが、無料なサービスなのでいくつかの注意点や懸念点があります。

ある日突然アカウント閉鎖を受ける可能性があります。
海外のレンタルサーバー「Hostinger」の無料プランでサイト運営をしていたところ、1日150PV 位のウェブサイトを数日運用していたら、アクセス数が多すぎるという理由でいきなりアカバン(アカウント閉鎖)を受けたことがあります。FTPも繋がらず有料プランに移行しないとデータの避難もできない状態…ということが無料レンタルサーバーでは比較的よく発生します(冷や汗)。

つまり無料レンタルサーバーを使用する際は、最新版のデータは手元に置いておくことが必須ですね。

 

サーバーの処理速度や通信速度が良くない
有料レンタルサーバーと比べると当然ですが、サーバーの処理速度と通信速度は遅いです。無料なのだから仕方ない!とはいうものの、開発中にアップロード速度も遅くてストレスが溜まります(笑)。

 

SSL 証明書に対応したサービスがない
サイトのアクセス数を伸ばす上で、HTTPS化はサイトの安全性を高めるために必要な SEO 対策ですが、無料レンタルサーバーに SSL 対応のサービスがありません。

無料 SSL はもちろんのこと有料 SSL も対応していないことには留意してください。

 

禁止事項や独自ルールがある
サービスごとに独自の禁止事項やルールを適用するサービスが多いです。

グーグルアドセンスやアフィリエイトなどの広告収入を狙ったサイト、サテライトサイトを禁止したものもあります。また数カ月更新がないウェブサイトには広告を表示する、一定期間アクセス数が無いサイトは強制削除するなど各社ごとにルールがあるので、事前に確認しておきましょう。

Advertisement

さいごに

無料レンタルサーバーを紹介しましたが、ウェブサイトを開設したいのであれば月額100円でも良いのでお金をかけた方が絶対に良いです。特にデザインを重視する方やアフィリエイトで稼ぎたい方は、目立つ場所に自動で広告が挿入されるのはデメリットでしかありません。

おすすめのレンタルサーバーに関する記事を記載しておきますので、無料レンタルサーバーと合わせて利用を検討してみてください。

僕としてはメインサイトは安くても有料レンタルサーバーを利用して、サテライトサイトや成長前のウェブサイトを無料レンタルサーバーで運用する。あくまでメインサイトの補助するものとして考えた方が良いでしょう。

おすすめランキングで紹介した無料レンタルサーバーは本当に素晴らしいサービスなので、一度使ってみて利用するかを検討してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

サイト運営カテゴリの最新記事