[AWS]S3バケットを作成してファイルをアップロードする

[AWS]S3バケットを作成してファイルをアップロードする

create_s3_top

Amazon S3 でバケットを生成する

AWS には、クラウドストレージとして S3 というサービスが提供されています。Amazon S3 は 99.999999999% (9 x 11) を誇る堅牢性と、99.99% の可用性を提供するストレージであり、今後も利用が拡大していくことが予想されるサービスです。

今回は s3 の使い方の基本として、s3 にバケットを作成してファイルをアップロードする手順をまとめていきます。

s3 でファイルをアップロードする大まかな手順は2つ

  • S3 でファイルの設置先であるバケットを作成する
  • IAM でアップロード用のユーザーを作成する

では早速、詳細を確認していきましょう。

Advertisement

S3 にてバケットの作成手順

まずはファイルの設置先である S3 のバケットを生成します。

AWS のトップメニューから S3 の管理画面に遷移して、「バケットを作成する」ボタンをクリックします。
create_s3_setup1

 

「バケットの作成」では、まずバケット名とバケットの設置先であるリージョンを設定します。

バケット名は使用したい適当なバケット名を入力して、リージョンは「東京リージョン」を選択しておきます。

バケット名は全ユーザーで同じ空間を共有するため、対象リージョンで唯一(ユニーク)なバケット名でなければいけません。

create_s3_setup2

 

プロパティではバケットの詳細設定を行います。今回はファイルをアップロードするバケットを作りたいだけなので、設定を変更せずに次に進みます。
create_s3_setup3

 

ブロックパブリックアクセス(バケット設定)は、バケットのアクセス権を設定します。デフォルトでは堅牢な設定が行わており、s3 でウェブサイトを設置したいときなどに設定を調整します。
create_s3_setup4

 

設定内容を確認した上で、問題がなければ「バケットを作成」をクリックします。
create_s3_setup5

 

一覧画面に戻り、先ほど設定したバケットが生成されていることを確認して、S3 バケットの作成は完了となります。
create_s3_setup6

 

IAM にてバケットにFTPでアップロードする権限を設定する

次に FTP 接続するアカウントを生成するために、IAM でユーザーを作成します。

「IAM」>「ユーザー」にある「ユーザーを追加」ボタンをクリックします。
create_s3_iam1

 

追加するユーザー名と用途を設定します。

今回は FTP アカウントを作成するため、

プログラムによるアクセス
AWS API、CLI、SDK などの開発ツールの アクセスキー ID と シークレットアクセスキー を有効にします。

を選択します。
create_s3_iam2

 

権限設定は複数の種類がありますが、今回は「既存のポリシーを直接アタッチ」で S3 の全権限を付与します。
create_s3_iam3

 

タグの追加は何もせずに次へ。
create_s3_iam4

 

確認画面にて設定内容を確認した上でユーザーを生成します。
create_s3_iam5

 

該当ユーザーの「アクセスキーID」と「シークレットキーID」が表示されるため、忘れずにメモしましょう。
create_s3_iam6

Advertisement

FTP ソフトの設定について

最後に FTP ソフトに設定する項目をまとめておきます。

設定項目は下記の通りです。

〇接続先サーバー名
s3.amazonaws.com

〇アクセスキー
(IAM で作成したユーザーのアクセスキーID)

〇シークレットキー
(IAM で作成したユーザーのシークレットキーID)

ファイルをアップロードするソフトウェアは、Cyberduck(サイバーダック)などの S3 対応の FTP ソフトをご利用ください。なお知名度の高い FFFTP や FileZilla は、S3 未対応となります。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

インフラカテゴリの最新記事