SEO 本でアクセスUP!初心者におすすめの入門本・書籍5選【2021年版】

SEO 本でアクセスUP!初心者におすすめの入門本・書籍5選【2021年版】

seo_primer_ranking_top

SEO 対策を勉強してサイト・ブログのアクセス数を増やそう

ブログやホームページを開設するにあたり重要なのが SEO(検索エンジン最適化)。

折角ウェブサイトを作っても誰にも見てもらえなかったら存在していない事と同じ。やはりコンテンツはユーザーに見てもらってこそ意味を持ちます。

SEO とはユーザーに価値のあるコンテンツを作ったので、検索エンジンに正当に評価してもらう!という考え方。やはり何をするにもルールを知っていないと良さを伝えることができませんので(笑)。

そこで今回は SEO 対策を行うにあたり、是非読んでほしいと思った書籍をまとめていきます。

Advertisement

SEO 対策のやり方が分かるおすすめの本・参考書

検索エンジンからコンテンツの正しい評価を得るためには、SEO の基本を知ること。その上で文章の書き方や内部リンクの貼り方のコツを知ることが重要なので、関連する書籍を集めてみました。

 

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

西山 悠太朗(著), 小林 睦(著), 丸山 弘詩(編集)
ページ数: 432ページ
出版社:マイナビ出版
発売日:2018/07/26

出典:amazon

SEO を学ぶ上で必ず読んで欲しい一冊。

主にウェブ検索であるグーグル(Google)やヤフー(Yahoo!)、ビング(Bing)の対応策が中心。もちろん SNS の利用方法や優位性にも触れています。

SEO 対策を行う際の基本を一通り網羅している。そのため SEO に詳しい方から見れば、お約束、常識と言われる内容がほとんどなので、逆に知らないとアクセス数を増やすときに、かなりのハンディを背負うと言えます。

僕の周りにいるウェブマーケター(売り上げを伸ばす施策を提案する方)はだいたい本書を読んでいます。また新人のウェブマーケターにもほぼ読ませている位の良書。ブログやサイトのアクセス数を増やしたいなら必須の知識となります。

 

世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生

鈴木将司(著)
ページ数:256ページ
出版社:ソーテック社
発売日:2020/12/19

出典:amazon

検索エンジンに評価されるにはどういう風にサイトを作れば良いのか。ワードプレスでブログを作ったけど、どうすれば効率的なのか。など基礎的な SEO 対策のノウハウが詰まった書籍。

主に初心者に向けた本なので分かり易い。

内容は検索エンジンの評価基準から始まり、サイトの構成方法。記事の書き方に至るまでの説明があり、王道のコンテンツを良くして、サイトの価値を上げる手法なので無駄な知識がなく全て役立ちます。

本書はとても初めての方でも読みやすいので、コチラを読んで SEO の基本的な知識を得る。その後に先ほど紹介した「現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル」のプロ仕様の書籍を読んだ方が良いかもしれません(苦笑)。

 

沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—アップデート・エディション

松尾 茂起(著)、上野 高史(イラスト)
ページ数:496ページ
出版社:エムディエヌコーポレーション
発売日:2020/09/24

出典:amazon

ウェブマーケティングにおける考え方やノウハウを初心者向けに分かり易く説明したマンガ。

ウェブマーケターである主人公が具体的な事案に対して問題を解決しながら、SEO 対策とは何かの解説記事を交えた構成となっています。

書籍としては面白い本なので、とても取っ付きやすくて読みやすいのが最大のメリット。逆にデメリットは紹介する内容が偏っており SEO 全般の知識を得ることができないこと。ただ知っていて損する事は無いので、活字嫌いの人には最適な本とも言えます。

 

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

ふくだ たみこ(著)
ページ数: 296ページ
出版社:ソーテック社
発売日:2016/08/23

出典:amazon

正攻法のウェブライティングの方法を紹介した本。

SEO に強いライティングというよりも、要所を抑えつつユーザーに伝わりやすい文章を作る。それすれば検索エンジンの評価も高いです!といった流れ。こう書くと相手に伝わりにくいので、ココを修正する…といったような例文を示しながら、文章の書き方を説明してくれるので、初心者でも分かり易い。

5つのチャプターで構成されているので、1日1チャプター読めば1週間以内には読み終わりますね。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

松尾 茂起(著)、上野 高史(イラスト)
ページ数: 632ページ
出版社:エムディエヌコーポレーション
発売日:2016/11/01

出典:amazon

ウェブマーケッター・ボーンのウェブライティング編。

ウェブ上に載せる記事の書き方を知ることができるマンガで、ライトノベル形式でストーリーを追いながらライティングの知識を確認できます。600ページを超える大ボリュームながら軽快に話が進むので、あっという間に読み終えます。

物語で紹介した要点を説明した「まとめページ」は何度も読み返せば、技術的な事項はOKという親切設計。マーケティング編と合わせて、文字が詰まった参考書が苦手な方にはおすすめです。

 

さいごに

本記事を書いている現時点(2021/09/21)で、日本の検索エンジンの約90%はグーグルの検索エンジンを利用しています。
※グーグルとヤフーの検索エンジンのシェアを合計すると約90%になります

そのため SEO を行う上で、グーグルが提唱している

・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

が SEO の基本となってきます。

つまりユーザーが求める専門的で信頼できる記事をたくさん用意することが、一番の SEO である点を忘れないで下さいね。

 

 

関連するブログの記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

サイト運営カテゴリの最新記事