SEO 対策の勉強におすすめの入門本・書籍10選【2021年版】

SEO 対策の勉強におすすめの入門本・書籍10選【2021年版】

seo_primer_ranking_top

SEO の施策を知ってサイトやブログのアクセス数を増やす

ブログやホームページを開設するにあたり重要なのが SEO(検索エンジン最適化)。

折角ウェブサイトを作っても誰にも見てもらえなかったら存在していない事と同じ。やはりコンテンツはユーザーに見てもらってこそ意味を持ちます。

SEO 対策とは検索エンジンに正しく評価してもらう方法を知る!という考え方。明確なルールがある以上、ユーザーに価値のあるコンテンツを作って十分にサイトの魅力を伝えましょう。

そこで今回は SEO 対策や施策の基本と勉強するときにおすすめの書籍をまとめていきます。

Advertisement

SEO 対策や施策の基本

checkpoint
本記事を書いている現時点(2021/09/21)で、日本の検索エンジンの約90%はグーグルの検索エンジンを利用しています。
※グーグルとヤフーの検索エンジンのシェアを合計すると約90%になります

そのためウェブサイトのアクセス数増加を狙う場合は、グーグルが提唱している

・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

が SEO 対策の基本となってきます。

簡単に説明するなら、ユーザーが求める専門的で信頼できる記事をたくさん用意してください…という意味で、これが一番の SEO 対策である点を覚えておいて下さい。

 

SEO 初学者が基礎知識を学ぶときにおすすめの入門書

まずは SEO を初めて勉強する方向けに分かり易い書籍をまとめていきます。

まずは検索エンジンからコンテンツの正しい評価を得るためには、検索順位が決定する流れの基本を知ること。サイトやブログを作る上で注意する点をチェックできるものを中心に紹介します。

 

世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生

鈴木将司(著)
ページ数:256ページ
出版社:ソーテック社
発売日:2020/12/19

出典:amazon

検索エンジンに評価されるにはどういう風にサイトを作れば良いのか。ワードプレスでブログを作ったけど、どうすれば効率的なのか。など基礎的な SEO 対策のノウハウが詰まった書籍。

主に初心者に向けた本なので分かり易い。

内容は検索エンジンの評価基準から始まり、サイトの構成方法。記事の書き方に至るまでの説明があり、王道のコンテンツを良くして、サイトの価値を上げる手法なので無駄な知識がなく全て役立ちます。

本書はとても初めての方でも読みやすいので、コチラを読んで SEO の基本的な知識を得る。その後に先ほど紹介した「現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル」のプロ仕様の書籍を読んだ方が良いかもしれません(苦笑)。

 

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

安川 洋(著)、江沢真紀(著)、村山佑介(著)
ページ数:256ページ
出版社:インプレス
発売日:2018/07/20

出典:amazon

「いちばんやさしい教本」シリーズの SEO 版。

SEO の方法と目的は何か? ウェブサイトの価値を上げる方法とは何か? という基礎情報を解説。図解も豊富で SEO に関する知識を細かく解説してくれます。

ただ僕の個人的な意見としては SEO 対策を全く行ったことが無い方には少し難しいように感じます。

 

10年つかえるSEOの基本

土居 健太郎(著)
ページ数:136ページ
出版社:技術評論社
発売日:2015/04/23

出典:amazon

とても読みやすく、素人の方にも分かり易くかみ砕いて書かれた書籍。

SEO の根本的なところの押さえとして十分とも言えます。ただ少し古めの本でもあるので、現時点ではあまり存在しないブラックハット SEO 業者の話などが出てきます。既に本書が出てから6年ほど経過していますが、未だに使用できる SEO 対策の書籍なので10年使える SEO の基本…と言われても納得感はありますね。

 

沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—アップデート・エディション

松尾 茂起(著)、上野 高史(イラスト)
ページ数:496ページ
出版社:エムディエヌコーポレーション
発売日:2020/09/24

出典:amazon

ウェブマーケティングにおける考え方やノウハウを初心者向けに分かり易く説明したマンガ。

ウェブマーケターである主人公が具体的な事案に対して問題を解決しながら、SEO 対策とは何かの解説記事を交えた構成となっています。

書籍としては面白い本なので、とても取っ付きやすくて読みやすいのが最大のメリット。逆にデメリットは紹介する内容が偏っており SEO 全般の知識を得ることができないこと。ただ知っていて損する事は無いので、活字嫌いの人には最適な本とも言えます。

 

プロ御用達のSEO対策や施策を勉強する際におすすめの参考書

次は SEO の基礎知識を得た中級者や上級者向けの書籍をまとめていきます。実践的なものというか、業務でマーケティングを行うプロ向けの仕様なので内容の難易度が上がります。

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

西山 悠太朗(著), 小林 睦(著), 丸山 弘詩(編集)
ページ数: 432ページ
出版社:マイナビ出版
発売日:2018/07/26

出典:amazon

SEO を学ぶ上で必ず読んで欲しい一冊。

主にウェブ検索であるグーグル(Google)やヤフー(Yahoo!)、ビング(Bing)の対応策が中心。もちろん SNS の利用方法や優位性にも触れています。

SEO 対策を行う際の基本を一通り網羅している。そのため SEO に詳しい方から見れば、お約束、常識と言われる内容がほとんどなので、逆に知らないとアクセス数を増やすときに、かなりのハンディを背負うと言えます。

僕の周りにいるウェブマーケター(売り上げを伸ばす施策を提案する方)はだいたい本書を読んでいます。また新人のウェブマーケターにもほぼ読ませている位の良書。ブログやサイトのアクセス数を増やしたいなら必須の知識となります。

本書はプロ向け仕様です。そのため SEO を全く知らない方は必ず初心者向けの書籍を先に読みましょう!

 

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

小川 卓(著)
ページ数:352ページ
出版社:マイナビ出版
発売日:2018/06/19

出典:amazon

ウェブサイトの分析方法、改善方法の仕方が分かる教科書。

ブログやウェブサイトの運営にあたり、現在の自分の状況を正しく解析して、問題がある点を改修することは非常に重要。サイトの構成や記事の質、ユーザーの動向、被リンクの貼り方など少し調整するだけでもアクセス数は増加します。

実際にどういう点を確認すれば良いか、悩む位なら本誌を一読しても良いでしょう。

 

SEO に強いウェブライティングの書き方が分かる参考書

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

ふくだ たみこ(著)
ページ数: 296ページ
出版社:ソーテック社
発売日:2016/08/23

出典:amazon

正攻法のウェブライティングの方法を紹介した本。

SEO に強いライティングというよりも、要所を抑えつつユーザーに伝わりやすい文章を作る。それすれば検索エンジンの評価も高いです!といった流れ。こう書くと相手に伝わりにくいので、ココを修正する…といったような例文を示しながら、文章の書き方を説明してくれるので、初心者でも分かり易い。

5つのチャプターで構成されているので、1日1チャプター読めば1週間以内には読み終わりますね。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

松尾 茂起(著)、上野 高史(イラスト)
ページ数: 632ページ
出版社:エムディエヌコーポレーション
発売日:2016/11/01

出典:amazon

ウェブマーケッター・ボーンのウェブライティング編。

ウェブ上に載せる記事の書き方を知ることができるマンガで、ライトノベル形式でストーリーを追いながらライティングの知識を確認できます。600ページを超える大ボリュームながら軽快に話が進むので、あっという間に読み終えます。

物語で紹介した要点を説明した「まとめページ」は何度も読み返せば、技術的な事項はOKという親切設計。マーケティング編と合わせて、文字が詰まった参考書が苦手な方にはおすすめです。

 

流入経路を増やす SNS の使い方が分かる参考書

最後に参考情報として SNS によるユーザー数の増やし方が分かる書籍を紹介します。

本記事を閲覧されている方はサイト・ブログの閲覧者を増やしたい方でしょう。であれば、SEO に固執するのではなく、SNS による集客なども含めて数多くの施策を忘れずに行ってください。

 

Twitter 集客のツボ 98 共感される運用 & 人を集める運用のしかた ビジネスを加速させる使い方も初心者の人も再入門の人も!

Twitter による集客方法が分かる書籍。

本気で Twitter を運用したい方やフォロワーが増えない方は必読です。共感を得やすいパターンと合わせて、やってはいけない NG パターンも紹介されているので読みやすい。

 

広報PR・マーケッターのための YouTube動画SEO最強の教科書

木村 健人(著)
ページ数:255ページ
出版社:秀和システム
発売日:2019/12/18

出典:amazon

YouTube(ユーチューブ)の表示に関する検索順位、おすすめ動画に表示されやすくするための手法をまとめた教科書。

サイトのアクセス数をアップする方法は、SEO 対策以外にも SNS や YouTube などを利用するなど沢山あります。本誌は YouTube の「アルゴリズム」を理解して、効率的な動画の構成や視聴データの分析、データ設定など動画の制作方法について紹介してくれます。

サイト自体の価値アップのために YouTube を使うのも十分効果が見込める対策だと思います。

Advertisement

まとめ

最後に分かりやすく情報をまとめていきます。

〇サイトのアクセス数の増やし方

ユーザーが求める専門的で信頼できる記事をたくさん書く
〇初心者におすすめの教本

世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生

いちばんやさしい新しいSEOの教本

10年つかえるSEOの基本

〇一番読んで欲しい参考書

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

サイトへ訪れるユーザーが多くなるほどサイト運営者としては嬉しくなります。なので、ユーザーの為になる記事を書き、SEO 対策を行って検索エンジンから正当な評価をもらいましょう!

 

 

関連するブログの記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

サイト運営カテゴリの最新記事