[AWS]RDSでよく使うパラメーターの設定項目

[AWS]RDSでよく使うパラメーターの設定項目

rdsのパラメーターグループの設定

rdsではmysqlのmy.cnfのような設定ファイルを直接編集することができないので、パラメーターグループという代用の設定項目があります。パラメーターグループで私がよく設定するmysqlパラメーターを紹介します。

Advertisement

mysql5.6/5.7のパラメーターグループの設定紹介


※サンプル画像はmysql5.7になります

 

文字コードの設定

文字コードは多言語、または絵文字に対応できるように「utf8mb4」で統一しています。

  • character_set_client:utf8mb4
  • character_set_connection:utf8mb4
  • character_set_database:utf8mb4
  • character_set_results:utf8mb4
  • character_set_server:utf8mb4
  • skip-character-set-client-handshake:1

 

ファイルフォーマットの設定

インデックスサイズを767バイトから3072バイトに拡張します。文字コードを「utf8mb4」を設定するとき、文字コードの設定とセットで設定することが多いです。
※この設定は、例えばutf8mb4でvarchar(255)のインデックスを利用したいときに効果を発揮します。utf8mb4は1文字を4バイトとして扱うため、vachar255文字✕4バイト=1020バイトとなります。本設定を行わないとmysqlの初期設定の767バイト制限に抵触して、インデックスを設定できません。

  • innodb_file_format:Barracuda
  • innodb_large_prefix:1

 

タイムゾーンの設定

時間の設定は、多数の国でサービスを提供するときは提供する国ごとのタイムゾーンを設定する、または基準となる国のタイムゾーンで全て統一します。今回は日本「アジア/東京」に設定しています。

  • time_zone:Asia/Tokyo

 

パスワードの有効期限

パスワードの有効期限は無期限に変更しています。

  • default_password_lifetime:0

 

パージスレッドの設定

  • innodb_purge_threads:4
Advertisement

インフラカテゴリの最新記事