サーバー間のSSH接続を鍵交換(公開鍵・秘密鍵)で行う

サーバー間のSSH接続を鍵交換(公開鍵・秘密鍵)で行う

ssh_server_top

パスワードなしでサーバー間のSSH接続を行う

サーバー間を横断したいときに鍵交換を行います。昔であれば「ユーザー名」と「パスワード」でサーバーにログインしていましたが、現在ではセキュリティを担保するために鍵認証を行う方が一般的です。

サーバーを横断する作業としては

  • 作業用サーバーとgitサーバーの接続
  • サーバー間のファイル転送(交換)

などの用途で使用するのが多いのではないでしょうか。

Advertisement

鍵交換の設定

設定ファイルの格納先フォルダの確認

まずはSSH接続を行うときに必要となる設定ファイルが格納されるフォルダ「/home/(ユーザ名)/.ssh」の有無を確認します。

もしフォルダがないときは

mkdir .ssh

コマンドで事前にフォルダを作成します。

 

公開鍵と秘密鍵の作成

次にSSH接続を行うユーザーで

ssh-keygen

コマンドを実行して公開鍵と秘密鍵を作成します。

 

作成した公開鍵「id_rsa.pub」を接続先のサーバーにある「/home/(ユーザ名)/.ssh/authorized_keys」に追記。あとは「ssh (ユーザ名)@(ホスト名[ドメイン名])」でサーバーに接続することが確認できれば設定完了です。

ファイル名 種類 説明
id_rsa.pub 公開鍵 接続先のサーバーにある「authorized_keys」に追記するもの
id_rsa 秘密鍵 公開鍵「id_rsa.pub」の対になるファイル

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事