[DAY関数]日付から「日」の数字を取得する – Excelの使い方

[DAY関数]日付から「日」の数字を取得する – Excelの使い方

excel_top

「=DAY(シリアル値)」で「日」の数字を取得する

Excel(エクセル)では、指定された日付(シリアル値)から対応する「日」に該当する数値を返します。

(例)
日付の「日」を取得したいときセルに
・「=DAY(シリアル値)」
と記述します。

Advertisement

DAY

=DAY(シリアル値)

DAY関数の使い方

A1にある「2000/1/1」などの日付を表す文字列から、対応する「日」に当たる数字を求めたいときは、「=DAY(A1)」と指定します。「2000/1/1」に対応するシリアル値「36526」を設定しても同じ値を取得できます。

今日が何日であるかを取得したいときは「=DAY(TODAY())」と記入します。また日付を直接 DAY 関数に指定したいときは、DATE関数を利用して「=DAY(DATE(2020,1,1))」のように記入します。

DAY関数に直接日付を表す文字列を入力することはできない。
※「2020/1/1」の文字列は「2020」のシリアル値として処理されます

セル内の式 セルA1の値 出力結果
=DAY(A1) 43831 1
=DAY(A1) 2020/1/1 1
=DAY(43831) なし 1
=DAY(2020/1/1) なし 12
シリアル値とは?

シリアル値とは、「1900年01月01日」を「1」として、経過日数を加算した数字のことを表します。
つまり「1900年01月02日」は「2」、「2000年01月01日」は「1900年01月01日」から36,526日経過しているので「36,526」となります。

日付 シリアル値 備考
1900年01月01日 1 シリアル値の基準となる日付
1900年01月02日 2 「1900年01月01日」から1日経過
1900年01月10日 10 「1900年01月01日」から9日経過
2000年01月01日 36,526 10年分の日数(うるう年含む)

 

DAY関数の実行サンプル

DAY関数を使って、DAY関数にシリアル値を設定したとき、日付の文字列を設定したときの値を表示しています。
※動作検証にはoffice365を使用しています
excel_day1

Advertisement

officeアプリカテゴリの最新記事