Ubuntu に画像エンコーダー「mozjpeg」をインストールする

Ubuntu に画像エンコーダー「mozjpeg」をインストールする

ubuntu_top
Ubuntuは、Canonical Group, Ltd.の登録商標です。

Mozilla 製エンコーダーで jpeg を圧縮・最適化する

jpeg 画像の容量をできる限り削減する方法を調べていたところ、画像エンコーダー「mozjpeg」の出来が良いという噂を聞いたので、Ubuntu 環境にインストールしてみました。なお「mozjpeg」は、ウェブブラウザ「FireFox」の開発元である Mozilla が開発した画像エンコーダー。

apt コマンドでは提供されていないため、github からソースをインストール・ビルドしてインストールする手順をまとめます。

Advertisement

mozjpeg のインストール手順

AWS の Ubuntu18.04 にインストールしたコマンド手順を記載します。

まずは必要なモジュールをインストール。

ソースを github からダウンロードして、ビルド・インストールを実行します。

最後にモジュールのインストール先は、「/opt/mozjpeg/*****」となるため、シンボリックリンクを貼って使い勝手を向上します。

 

mozjpeg の使い方

主な使い方は2つ。

クオリティの変更

画像の最適化

注意点としては、「変更前の画像のパス」と「変更後の画像のパス」は必ず別のパスを設定する必要があります。変更前と変更後のパスを同じにした場合、画像が壊れるだけなので注意してください。
クオリティの変更の設定値は「80」がおすすめ。ちなみにクオリティ「100」にすると画像サイズが逆に大きくなるので注意してください。
Advertisement

さいごに

本ツールを使ってみると僕が準備した一般的な jpeg 画像であれば容量を約半分位まで削減してくれました。且つ画質は遜色に気付かないほど。

mozjpeg は使用感の良いツールであると思いますので、画像の容量を削減してみたい方はぜひ試してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

インフラカテゴリの最新記事