サーバーサイドのプログラム言語のシェア(2019年01月分)

サーバーサイドのプログラム言語のシェア(2019年01月分)

use_web_site_top

サーバーサイドの開発言語のシェア

インターネット上のサイトでは沢山の開発言語が使用されています。

今回はQ-Successにて、インターネットにあるサイト上にて、サーバーサイドで使用されている開発言語のシェアが公表されていますので確認してみましょう。

〇サーバーサイドの開発言語のシェア
https://w3techs.com/technologies/overview/programming_language/all

Advertisement

サーバーサイド言語のシェア

予想通りですが「PHP」が8割弱の圧倒的なシェアを誇っています。次にWindowsサーバーで使用する「ASP.NET」、「Java」、「Ruby」と続いています。
use_web_site1

言語 シェア
PHP 78.9%
ASP.NET 11.7%
Java 3.9%
Ruby 2.4%
static files 2.1%
Scala 1.2%
Python 1.1%
JavaScript 0.7%
ColdFusion 0.5%
Perl 0.3%
Erlang 0.1%
Advertisement

IT全般カテゴリの最新記事