[COS関数]数値から余弦(コサイン)の値を取得する – Excelの使い方

[COS関数]数値から余弦(コサイン)の値を取得する – Excelの使い方

excel_top

「=COS(セルの番号)」でコサインを返す

Excel(エクセル)では、「=COS(セルの番号)」で指定したセル内にある数値(角度)から求めたコサインを返します。

(例)
セルA1の数値で余弦(コサイン)を求めたいときは
・「=COS(A1)」
のように記述します。
※ただしセルA1の値がラジアンであること

Advertisement

COS

=COS(対象のセル番号)

COS関数の使い方

セルA1にある数値(角度)から余弦(コサイン)を求めたいときは「=COS(A1*PI()/180)」、または「=COS(RADIANS(A1))」のように指定します。
またセルA1にある数値がラジアンであるときは、「=COS(A1)」と設定します。

指定した数値が角度(度)であるとき、「[角度]*PI()/180」または「RADIANS([角度])」と設定して、角度(度)をラジアンする必要があります。

 

関連するエクセル関数
SIN:セル内にある数値から正弦を取得する。
https://www.t3a.jp/blog/office/excel-sin/

TAN:セル内にある数値から正接を取得する。
https://www.t3a.jp/blog/office/excel-tan/

 

COS関数の実行サンプル

COS関数を使って、COS関数に数値(数値)を設定したとき、及びセル番号を設定したときの値を表示しています。
※動作検証にはoffice365を使用しています
excel_cos1

Advertisement

officeアプリカテゴリの最新記事