[TRUE関数]条件式の値が真であることを表す – Excelの使い方

[TRUE関数]条件式の値が真であることを表す – Excelの使い方

excel_top

「=TRUE()」で論理値の真を表す

Excel(エクセル)では、「=TRUE()」で論理式の TRUE 値を返します。セルや数式の条件式で真を表すときに使用します。

Advertisement

TRUE

=TRUE()

※TRUE関数関数には引数はありません

TRUE関数の使い方

エクセルにて条件によって、TRUE値を返すことができます。

=IF(A1=1,TRUE(),FALSE())

上記の式はセルA1の値が1のとき、TRUE値を返す条件式です。

正式にはTRUE関数にはカッコ「TRUE()」を付けますが、

=IF(A1=1,TRUE,FALSE)

のようにカッコを省略することもできます。

 

TRUE関数の実行サンプル

TRUE関数を使って条件式によりTRUE値を取得する例を表示しています。
※動作検証にはoffice365を使用しています
excel_true1

Advertisement

officeアプリカテゴリの最新記事