[SEO]Bingウェブマスターツールに登録しよう!

[SEO]Bingウェブマスターツールに登録しよう!

Bing(ビング)とは?

みなさんMicrosoftが提供する検索エンジンBing(ビング)をご存知でしょうか?
seo対策といえばGoogleに対応するのが基本です。米国調査会社statcounterが提供する日本の2018年7月の検索エンジンのシェアを確認すると

  • Google:92.67%(Yahoo!含む)
  • Bing:3.13%
  • Baidu:1.94%

でGoogleが90%以上を超える圧倒的なショアになっています。Bingは3.13%ですが絶対的な総数が多い検索サイトの3%超なので侮れません。しかもシェアのせいかBingに対してseo対策を行っていない方々が多いため、競合相手が少なくサイトが上位に表示されやすいです。Bingのseo対策の基本はBingウェブマスターツールに登録することで、非常に簡単に行えるのでおススメします。

Advertisement

seo対策でBingウェブマスターツールに登録

Bingウェブマスターツールにログインする

まずはBingウェブマスターツールにログインしましょう。Microsoftのアカウントがなくても、googleやfacebookのアカウントからログインすることもできます。
https://www.bing.com/toolbox/webmaster

 

自分のサイトを登録する

ログインするとダッシュボードが表示されるため、左メニューの「サイトの追加」または「自分のサイト」の上部にあるサイトの追加からサイトを追加しましょう。

 

「自分のサイト」から追加するときは赤い丸で囲ったところにサイトのURLを記述してサイトを追加します。

 

サイトの情報を入力する

サイトの追加では

  • URL
  • サイトマップの追加
  • このサイトのトラフィックが最も多いローカル時刻はいつですか?

を設定します。

「サイトマップの追加」はクローラーに自分のサイトを把握してもらう上で重要なので出来るかぎり登録しましょう。
「このサイトのトラフィックが最も多いローカル時刻はいつですか?」は実際にはサイトをクロールするタイミングを調整する機能になります。選択した時間帯のクロールが少なくなり、選択しなかった時間帯のクロールが多くなります。立ち上げ間もない本サイトはアクセス数を気にする必要がないことと、19時(午後7時)に主にサイトの更新を行うため、「午前4時-午前9時」を選択してサイトの更新直後にクロールしてもらうように調整しています。

 

サイトの所有権を確認する

3つのオプションのうち1つを対応することでサイトの所有権を確認できます。

  • オプション 1: Web サーバーに XML ファイルを配置します
  • オプション 2: タグをコピーして既定の Web ページに貼り付けます
  • オプション 3: CNAME レコードを DNS に追加します

 

URLの送信

サイトマップを登録したときは暫く待つことによりサイトをクロールされます。ただサイトマップを作れないとき、または新しいページを早くクロールしてほしいときに「URLの送信」でクロールを促すことができます。送信できるurlの件数は毎月50件まで、毎日10件までの上限がありますので注意しましょう。

 

さいごに

BingはGoogleと全く異なるエンジンで動作していますので、Googleの上位に表示されているサイトもBingでは表示すらされていないことが多いです。Bingウェブマスターツールに登録してサイトマップを送れば、ほどなく順位がつくはずです。労力よりも見返りが大きいので、ぜひBingに自分のサイトを登録しましょう!

Advertisement

SEO対策カテゴリの最新記事