Linuxでユーザーの一覧(/etc/passwd)を確認する

Linuxでユーザーの一覧(/etc/passwd)を確認する

linux_logo

Linuxのユーザ一覧と「/etc/passwd」ファイル

Linux には管理者やシステム、任意に追加したユーザーなど多くのユーザーが存在します。

通常は root ユーザーと自分で定義したユーザー以外を知る必要はありません。ただ時折、apache ユーザーで作業したい、postfix ユーザーでコマンドを実行したいときがあります。そんなときに「Linuxにあるユーザーは何があるのだろう」と思います。

このページでは Linux で管理しているユーザーの一覧を確認する方法をまとめていきます。

Advertisement

「/etc/passwd」でユーザー一覧を表示する

Linux のユーザーは全て「/etc/passwd」ファイルに記述されています。そのためユーザー一覧を確認するときは「/etc/passwd」を cat コマンドで表示します。

ユーザー一覧を表示するサンプルコマンド

サンプルコマンドの実行例

 

「/etc/passwd」ファイルの説明

passwd ファイルの確認方法を記載しましたが、表示している内容が分かりにくいので説明を載せておきます。まずは passwd ファイルの最終行にある centos ユーザーを参考に説明を行いますので、最終行の抜粋をご覧ください。

centos:x:1000:1001:Cloud User:/home/centos:/bin/bash

 

passwd ファイルは一行ごとに1ユーザーの情報を表し、パラメータを「:(コロン)」で区切っています。ではサンプルの centos ユーザーの各項目の説明を順番に載せておきます。

パラメーター 説明
centos ユーザー名。
x ユーザーに設定しているパスワード。暗号化したパスワードか「 x 」の文字が表示されます。なお「 x 」の文字のときはシャドウパスワードを使用していることを表します。
1000 ユーザーID。
1001 グループID。
Cloud User コメント領域。コメントが設定されていないときは何も記入されません。
/home/centos ユーザーのホームディレクトリ。
/bin/bash ユーザーがログインするときの使用するシェルファイル。

 

id コマンドでユーザー名とグループ名を確認する

ユーザー一覧は「/etc/passwd」で確認できますが、情報が見にくい問題があります。そのためユーザーごとの詳細な情報は、id コマンドを使用するほうが便利です。

id コマンドは指定したユーザー名やグループ名を表示します。ちなみにユーザーを指定しないと現在の自分のユーザー情報が表示されます。

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事