Linuxにて「MySQL5.5」から「MySQL5.7」にバージョンアップする

Linuxにて「MySQL5.5」から「MySQL5.7」にバージョンアップする

mysql_logo

MySQL5.5 からのバージョンアップ

MySQL はバージョンアップする度に機能がアップしています。特に MySQL5.6 からは既存のテーブルに「ALTER TABLE」したときにテーブルロックが回避できたり、サブクエリが数百倍以上の性能アップをしていたりと大きな差があります。

今回は、MySQL5.5 から MySQL5.7 への移行を検証してみたので、手順をまとめます。
※実行環境は AWS で、CentOS や Amazon Linux で検証しています。

Advertisement

MySQL のバージョンアップ手順

yum コマンドで MySQL のモジュールを全てアンインストールした上で、MySQL5.7 の必要なモジュールをインストールしています。mysqldump コマンドなどでデータのバックアップを行っていませんが、データ自体はアンインストールの対象外である「ibdata1」に保存されていたためです。
※実際の環境で実行するときは念のため、バックアップ等をお取りください。

実行するコマンド

yum remove mysql*
yum install mysql57 mysql57-devel mysql57-server

 

サンプルコマンドの実行例

まずは MySQL のバージョンを確認しています。

 

MySQL の関連するモジュールを一括でアンインストールします。

 

使用する MySQL のモジュールをインストールします。

 

MySQL がバージョンアップされていることを確認します。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

MySQL はバージョンアップとともに性能の向上も大きいので新しめのバージョンを使うことが多いです。実際に作業手順をまとめてみると MySQL のバージョンアップは簡単に行うことができますので、タイミングが合えばバージョンアップを検討しても良いかもしれません。

ただ手順の確認中に誤って2回ほど環境を壊していまいました(涙)
みなさんは実行時には必ずバックアップと検証してくださいね。

Advertisement

インフラカテゴリの最新記事